バタフライノット(中間者結び)の結び方!キャンプで物を吊り下げるのに便利なロープワーク!Butterfly Knot

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

【キャンプや登山でも使える実用的ロープワーク! / 初めてでも出来る 一番簡単な結び方!】今回の記事では、バタフライノット(中間者結び)の結び方をご紹介します。こちらは、強度のある輪をロープの中間(途中)に作ることができるのが最大の特徴で、用途はキャンプなどのアウトドアから登山・クライミングでも使われます。ちなみに中間者結びの読み方は、「ちゅうかんしゃむすび」で、英語ではButterfly Knotなどといいます。

類似した結び方のよろい結び(マンハーネスノット)との違いは、バタフライノットの方が強度が高く、よろい結びは素早く簡単に結べるのがメリットになります。

Butterfly knot tutorial.


結び方

では、早速結び方をご説明します。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

左手に、ロープの途中を上(裏)から下(手前)方向に3回巻き付けます。


バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

(巻き付け2回目の画像)


 

3回巻き付けました。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

次に、真ん中の紐を左の紐の下から、左へ出します。


 

左へ出しました。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

今度は、左へ出した紐を右の2本の紐の上から、一番右に持ってきます。


 

右に持ってきました。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

右に出した紐を左2本の紐の下から、左へ移動させます。


 

ここまでで、このような形になります。

最後に左手から、結び目を崩さないようにそのまま外します。


 

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

あとは、画面の上側にある輪を残しながら、引き締めていきます。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ


完成

引き締めたら、完成になります。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ


実用例(使い方)

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

このようにロープの途中で間隔を空けて連続して結び目を作り、両端を木やポールなどに結び付けると、キャンプなどで食器類、シェラカップやメスティン、コップなどを吊り下げて乾かしたり、ハンガーを取り付けると衣類なども掛けられて とても便利です。

カラビナを使うと、物を簡単に取り外しができて おすすめです。


 

ほどき方

ここからは、簡単な解き方も合わせてご紹介します。

バタフライノット 中間者結び 結び方 キャンプ

輪のある方を上にしてから、輪を奥の方向に傾けると、左右に結び目があります。

その左右の結び目を掴み、横方向に引くと、簡単に ほどくことができます。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、バタフライノットの結び方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/8jxhakkoupU


 

まとめ

今回は、バタフライノットの結び方をご紹介しました。

キャンプでも小物を吊り下げて便利に使えるので重宝しています。特に重い物やたくさん吊り下げたいときに便利です。

軽い物を吊り下げるとき、簡単に結び目が作りたい場合には、よろい結びも おすすめです。状況やお好みで使い分けると良いと思います。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。