パラコードでブレスレットを編むとき 2色編みでバックルに取り付ける方法!

パラコード バックル 取り付け 2色編み

【バックルで2色編みのブレスレットを作るときに必須! / 一番 簡単な取り付け方!】今回の記事では、パラコードで2色編みのバックルブレスレットを作る際のバックルへの取り付け方についてご紹介したいと思います。

こちらは、パラコードでバックルのブレスレットを作るときに使うことの多い基本的な金具との接続方法になります。

以前ご紹介した、2ストランド・コア・ダブル・カウズ・ヒッチ( 2 strand core double cows hitch)という取り付け方と ほぼ同じなんですが、最初の取り付け時のポイントから、分かりやすくご説明していきます。

Paracord join after two strand core double cows hitch tutorial. paracord buckle bracelet.


パラコードのジョイント

はじめに2色のパラコードをジョイントしていきます。

2本のパラコードの両端をライターなどで焼いてから、くっ付けます。

ジョイントの詳しい方法は、こちらをご参照下さい。


バックルへの取り付け方

では、早速取り付け方をご説明していきます。


先程、ジョイントしたパラコードを

パラコード バックル 取り付け 2色編み

このように折り返します。(左側にジョイントした部分が来るようにします)

次に、カウヒッチでバックルに取り付けます。

カウヒッチの詳しい方法はこちらをご参照ください。


 

カウヒッチで取り付けました。

パラコード バックル 取り付け 2色編み

次に、右の紐をバックルの間(右)に、前から通します。


 

前から通したら、

パラコード バックル 取り付け 2色編み

出来た輪に、今通した紐を右から左方向に通します。


 

輪に通したら、引き締めます。

パラコード バックル 取り付け 2色編み

今度は、右の紐をバックルの右の間に、裏から通します。


 

紐を引いていくと、

パラコード バックル 取り付け 2色編み

輪が出来るので、右の紐を輪に上から通します。


引き締めると、

パラコード バックル 取り付け 2色編み

これで片方のバックルへの取り付けが完了です。


反対側のバックルへの取り付け

次は、反対側の端の2本の紐をもう一方のバックルに前から通します。

バックルに前から通したら、

右の紐を軸の間に裏から通して、


右に出します。

パラコード バックル 取り付け 2色編み

右に出した紐をバックルの右の間に、裏から通します。


 

通して引いていくと、

輪ができるので、右の紐を上から輪に通します。


 

輪に通して引き締めると、このような形になります。

パラコード バックル 取り付け 2色編み

左の紐も、右と同じ要領で、

軸の間に裏から通して、左に出します。


 

左に出しました。

左の紐をバックルの左の間に、裏から通します。


 

できた輪に左の紐を上から通して、


 

引き締めると、

パラコード バックル 取り付け 2色編み

このように同じ結び目が2つできます。


完成

パラコード バックル 取り付け 2色編み

これで2色編みの2ストランド・コア・ダブル・カウズ・ヒッチの完成です。

取り付けた後は、画面では左上側から(縦にすると左右の紐で)編み込んでいくという流れになります。

ジョイントした部分は、今回は、説明を分かりやすくするためにワザと片方のバックル側に近くしていますが、

ジョイント部分は、できるだけバックルとバックルの真ん中あたりに来るようにすると丈夫な仕上がりになります。

バックルからバックルまでの長さが編み込み部分の完成の長さとなります。この長さとバックルの長さを足して、ブレスレットの完成サイズが決まるというわけです。


取り付けるときのポイント

取り付ける前に、あらかじめこのようにパラコードの先端を平たく加工しておくと、とても楽にバックルに取り付けることができます。

やり方は、パラコードの先端をライターなどで焼いたあとに、指で先をつまむと平たくなります。このとき火傷には十分注意して作業を進めるようにしてください。


 

こちらは以前私が動画でご紹介した、パラコードでバックルブレスレットを2色の平編み(コブラ編み)で作ったYouTube(動画)バージョンになります。最初に本記事と同様のバックルへの取り付け方もご紹介しています。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/lmyULRJN-yY


まとめ

今回は、パラコードで2色編みのブレスレットを作る際に、バックルに取り付ける方法をご紹介しました。

単色の取り付け方とほぼ同じですが、ジョイント部分を左にして取り付けるというのがポイントになります。

こちらも、2色編みのバックルブレスレットを作るときに多く使う物なので、覚えておくと とても便利です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました♬

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。