もやい結びの結び方!キャンプで テントやタープを張るときに役立つ Bowline Knot

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

【キャンプで使えるロープワーク! / 簡単に頑丈な輪が作れる!】こちらの記事では、もやい結び(ボーラインノット)の結び方をご紹介します。別名、ボウリンノットやブーリンノットとも呼ばれます。結び目の王(キングオブノット)とも称され、基本的なロープワークの1つです。

使い方は、キャンプやアウトドアで、テントやタープを張るときにも張り綱部分(テント側)に結び付けるときにも役立ちます。

How to tie the bowline knot tutorial.


特徴

簡単に大きさが調節可能な、強度のある輪が作れるのが特徴です。実用的で、消防や船舶でも使用されているようです。船を桟橋に係留したり、錨にロープを結び付けたりするときなどにも使われます。

慣れれば高速で結ぶことも可能です。ほどき方も簡単で、すぐに解くことができます。他には強化バージョンの強化もやい、巻き もやいなどのバリエーションもあります。


結び方

では早速、もやい結びの結び方をご説明していきます。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

ロープを右から左方向に掛けます。(左の紐の方が短くなります)

右の紐で、9のような形を作ります。


 

右の紐で、9のような形を作りました。(末端側の紐が奥から来るように9のような形を作ります)

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

次に、左の紐を輪に下から通します。


 

左の紐を輪に、下から通しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

左の紐を右の紐の裏から、右へ出します。


 

左の紐を右の紐の裏から、右へ出しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

右へ出した紐を上から、輪に通します。


 

右へ出した紐を上から、輪に通しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

あとは、結び目を引き締めます。


 

引き締めました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

これで、もやい結びの完成です。


結び方②

今度は、直接取り付けるのではなく、先に輪を作るタイプのもやい結びをご紹介します。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

ロープを下に向けて、末端の紐で6のような形を作ります。


 

6のような形を作りました。(末端側が手前に来るように6のような形を作ります)

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

次に、末端の紐を下から、輪に通します。


 

末端の紐を下から、輪に通しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

輪に通した紐を長い方の紐の裏から、左に出します。


 

輪に通した紐を長い方の紐の裏から、左に出しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

左に出した紐を輪に、上から通します。


 

左に出した紐を輪に、上から通しました。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

あとは、結び目を引き締めます。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

結び目を引き締めたら、もやい結びの完成です。

基本的には、最初にご紹介したタイプのもやい結びを使うことが多いと思いますが、こちらの結び方②のタイプは、何かに輪を引っ掛けたりするときにも使えます。


ほどき方

最後に、解き方もご説明します。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

最後に通した、末端側の紐を引き抜きます。

もやい結び キャンプ テント ロープワーク 結び方

すると簡単に ほどくことができます。


 

こちらは以前私がご紹介した、もやい結びの結び方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/-weXJkrE2UM

 


まとめ

今回は、もやい結びの結び方をご紹介しました。

こちらは、強度のある輪が簡単に作れるのが特徴で、キャンプやアウトドアから日常生活まで、幅広く活用できます。

とてもベーシックな結び方で、覚えやすくて実用的です。

今後、こちらの結び方をさらに強化した結び方の方も、ご紹介したいと思います。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。