【初めてでも 超簡単】パラコードでマッドマックス ブレスレットの編み方!ジッパー編み

【バックルなどの金具なしで気軽に作れる! / 1から10までやさしく解説!】こちらの記事では、パラコードでマッドマックスのブレスレットの作り方をご紹介します。今回は、ジッパー編み(ジッパー・シネット)という編み方で作り方をご説明します。

この作り方は、2色編みになります。ほどくと紐になるので、防災グッズとしても役立ちます。バックルなどの金具を必要としない編み方なので、簡単で はじめての方にも おすすめです。

Paracord zipper sinnet mad max style bracelet without buckle tutorial.


マッドマックス式ブレスレットの特徴

パラコード マッドマックス ブレスレット 平編み コブラ編み 編み方

マッドマックスのブレスレットは、手首に身に着けるときは、このように絞りを開放します。


パラコード マッドマックス ブレスレット 平編み コブラ編み 編み方

身に着けたら、絞りを引いてホールドします。これがマッドマックス式ブレスレットの特徴になります。

金具が必要なく、紐さえあれば手軽に作れるのも特徴です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードのカット

パラコードは、2色とも約1m60cmの長さでカットしました。

軸の長さ(ブレスレットの編み込み部分の長さ)は、20cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


軸の作成

パラコードをカットしたら、編み込むための軸を作っていきます。

この軸を作る詳しい方法については、こちらをご参照ください。

最初の編み目(画面左上)から、反対側の折り返しまでの軸の長さは、20cmに設定しています。それぞれの手首周りに応じたサイズで軸の長さを決めてみてください。

私の場合は、手首にブレスレットをはめた時に、人差し指1本分が入るくらいにサイズ調整しています。手首のサイズぴったりに作ってしまうと、隙間がなくなり、手が動かしにくくなってしまいます。


編み方

軸ができたら、ジッパー編みで編み込んでいきます。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

編み方①

はじめに、右の紐で右に輪を作ります。(軸の上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

次に、左の紐を下に下ろします。(先程、左に出した紐の上から)


 

左に紐を下に下ろしました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

今度は、最初に輪を作った方の紐(左のグレーの紐)を前から、軸の間に通します。


 

左の紐を前から、軸の間に通しました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

最後まで通して、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

編み方②

今度は、左の紐で左に輪を作ります。


 

左の紐で、左に輪を作りました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

右の紐(右にのびている、青い紐)を軸の間に、前から通します。(最初に、左に輪を作った方の紐です)


 

右の紐を軸の間に、前から通しました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

最後まで紐を通し、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

次は、編み方①に戻り、その次は編み方②と、交互に繰り返して編み込んでいきます。


 

しばらく編み込むと、

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

このような編み目が出来ていきます。

ある程度編んだら、軸を作るときに通しておいた紐の端切れは、取り外してもOKです。


 

下まで編み込みました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

上の画像のように、下の輪を少し残して編み終わります。


ほつれ止めの処理

ここからは、ほどけないように処理していきます。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

右の紐を裏から、輪に通します。


 

右の紐を裏から、輪に通しました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

次に、左の紐を今左に出した紐(輪に通した紐)の下に通してから、輪に上から通します。


 

左の紐を左に出した紐の下に通し、輪に上から通しました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

左右に輪が出来るので、左右の紐をそれぞれ左右の輪に、前から通します。(右の紐は右の輪に、左の紐は左の輪に)


 

左右の紐を輪に、前から通しました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

あとは、引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方

これで、編み目が固定されて ほどけなくなりました。

次に、本体を裏返します。


本体を裏返しました。

末端の紐を編み目の一番上の2つの輪に、通していきます。

右の紐は、右の輪に、左の紐は、左の輪にそれぞれ通します。


 

左右の輪に、末端の紐を通しました。

手首まで身に着けて、手を抜くことができるくらいのサイズ感の所で、

こぶ結びを作ります。


 

こぶ結びしました。

あとは、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

パラコードをカットして焼き止め

カットして、焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。

パラコードで2色のジッパー編みのマッドマックスブレスレットの編み方


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでマッドマックスのブレスレットの編み方!ジッパー編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/Le2uriaPRvY

 


まとめ

今回は、パラコードでマッドマックスのブレスレットをジッパー編みで編む方法についてご紹介しました。

こちらは、金具を一切使わない作り方なので、パラコードなど紐があれば手軽に作ることができます。

見た目が、交差したジッパーのような編み目なので、ジッパー編みと呼ばれています。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでマッドマックスのブレスレットの編み方!平編み(コブラ編み)


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。