パラコードでジッパータブの編み方! Paracord Zipper Pull Matthew Walker Knot

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

【ジッパーが壊れた時の対処法! / 超簡単で握りやすく!】こちらの記事では、パラコードでジッパータブ(ジッパープル)の編み方をご紹介します。今回は、Matthew Walker Knotという編み方で作り方をご説明していきます。

ジッパータブが壊れてしまった時に、代わりとして使えたり、今あるジッパータブ(金具)部分に直接取り付けてもファスナーの開け閉めが とても楽になります。

Paracord matthew walker knot zipper pull tutorial.


 

今回は、こちらのポーチを例に、編み方をご説明していきたいと思います。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、約40cmの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


 

パラコードがカットできたら、

ジッパータブ部分にパラコードを通していきます。

この際、パラコードの先端を平らに加工しておくと通しやすいです。ライターなどで先端を炙った後指でつまむと、平らに加工できます。


 

パラコードを通したら、通した紐の末端を合わせて、紐の中心で金具に通っていることを確認します。

編み方

ここからは、Matthew Walker Knotで編み込んでいきます。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

左の紐で、左に輪を作ります。


 

左の紐で、輪を作りました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

右の紐を下に下ろします。(先程、右に出した紐の上から)


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

下ろした紐を裏から、左の輪に通します。


 

下ろした紐を裏から、左の輪に通しました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

今度は、右の紐を裏から、左の輪(輪の一番上)に通します。


 

右の紐を裏から、左の輪に通しました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

最後に、左の紐(左下にある、今通してきた紐でない方)を前から、右の輪に通します。


 

左の紐を右の輪に、前から通しました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

あとは、編み目を引き締めていきます。


 

引き締めました。

パラコード ジッパータブ 編み方 Matthew Walker Knot

ジッパー部分から、結び目までの紐部分は、約2.5cmの長さに設定しました。

長さが調節出来たら、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止め(焼き止め処理)します。


完成

処理が出来たら、これで完成になります。

引き締めた時に、このように裏表が交差したXの文字のような編み目になっていればOKです。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでジッパータブの編み方!Matthew Walker KnotのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/z5Mv8gUf8kQ

 


まとめ

今回の記事では、パラコードでMatthew Walker Knotのジッパータブの作り方についてご紹介しました。

こちらは、丸型の編み目で、とても握りやすいジッパータブです。

見た目もスッキリとした綺麗な形をしています。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。