【10分で 簡単に作れる】パラコードでキーホルダーの編み方!Paracord Shark Jaw Bone Keychain

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

【初めてでも簡単に作れる! / 鍵を取り付けられて超便利!】こちらの記事では、パラコードでキーホルダー(キーチェーン)の作り方をご紹介します。今回は、Shark Jaw Bone編みという編み方で作り方をご説明していきます。直訳すると、サメの歯編みでしょうか。編み目は、ギザギザとしたサメの歯のような形をしています。

使い方は、鍵などを取り付けて おしゃれなキーホルダーとして使えます。金具は、ナスカンとカラビナがあれば簡単に作れます。100均の金具を使用してもOKです。

Paracord shark jaw bone keychain tutorial.


金具

今回使用した金具は、ナスカン(左)とカラビナ(右)です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


カット

パラコードのカット

キーホルダーの編み込み部分の長さを6cmに設定して、

パラコードは、2色とも約60cmの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


ジョイント

次にカットしたパラコードをジョイントします。

2色の紐の末端をライターなどで焼いてから、くっ付けて、指で固めます。

パラコードのジョイント

ジョイントしました。

詳しいジョイントの方法は、こちらをご参照ください。


取り付け

ジョイントができたら、金具に取り付けていきます。

ジョイントした部分を少しずらして折り返してから、

折り返した部分をカウヒッチで、金具に取り付けます。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。


 

カウヒッチで取り付けました。

次に、紐の反対側からもう片方の金具を通します。


 

紐を前から、金具に通しました。

編み方

ここからは、Shark Jaw Bone編みで編み込んでいきます。

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

編み方①

右の紐を左の軸の下に通して、右に輪を作ります。


 

右に輪を作りました。

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

左の紐を右の軸の下に通して、下から右の輪に通します。

下から輪に通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。


 

最初に編み目を作った部分の、

金具(ナスカン)から、金具(カラビナ)までの長さがキーホルダーの編み込み部分の長さ(完成の長さ)になります。

今回は、この軸の長さを約6cmに設定しました。

ジョイントした部分は、軸の長さの半分くらいの位置に来るようにすると、強度的にも丈夫なキーホルダーになると思います。


編み方②

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

今度は、左の紐を右の軸の下に通して、左に輪を作ります。


 

左に輪を作りました。

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

次に、右の紐を左の軸の下から、左の輪へ下から通します。

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

今度は、編み方①に戻り、次は編み方②と、繰り返して下まで編み込んでいきます。


 

編み込みました。

パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方

あとは、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

パラコードの焼き止め

カットして、焼き止めしました。

カット&焼き止めのコツはこちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでShark jaw bone編みのキーホルダーの編み方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/GVyYxwI-GKU

 


まとめ

今回は、パラコードでShark Jaw Bone編みのキーホルダーの編み方をご紹介しました。

サメの歯編みということで、ギザギザとした歯の感じが出るような配色を考えてみました。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードで星のキーホルダー(スターノット)のキーホルダー編み方

パラコードでボックスノットのキーホルダーの編み方

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。