【ジッパーが壊れても大丈夫】パラコードでジッパータブの編み方!スネークノット Paracord Snake Knot Zipper Pull

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

【ジッパーが壊れた時の対処法! / 超簡単で握りやすく!】こちらの記事では、パラコードでジッパータブ(ジッパープル)の編み方をご紹介します。今回は、スネークノットという編み方で作り方をご説明していきます。

ジッパータブが壊れてしまった時に、代わりとして使えたり、今あるジッパータブ(金具)部分に直接取り付けてもファスナーの開け閉めが とても楽になります。

Paracord snakw knot zipper pull tutorial.


 

今回は、こちらのポーチを例に、編み方をご説明していきたいと思います。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードのカット

パラコードは、約50cmの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


内芯を抜く

そのままのコードで編むよりも、編み目を少しスリムにしたいので、パラコードの中の芯を3本抜きたいと思います。

中の芯を抜くときは、両方の末端を切りっぱなしにしてから行います。


 

内芯を3本抜きました。

今回使用したコードは、7芯なので3本抜くと、残り4芯になります。

(中の芯を減らすと、出来上がる編み目がスリムになります。)


 

パラコードが準備できたら、

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

ジッパータブ部分にパラコードを通します。


この際、パラコードの先端をこのように、平らに加工しておくとジッパー部分に通しやすいです。ライターなどで先端を炙った後指でつまむと、平らに加工できます。


 

パラコードを通したら、通した紐の末端を合わせて、紐の中心で金具に通っていることを確認します。

編み方

ここからは、スネークノットで編み込んでいきます。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

編み方①

左の紐を右の紐の前から、右に出します。


 

左の紐を右に出しました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

次に、今右に出した紐を右にあった紐の下から左に通して、右に輪を作ります。


 

下から左に通して、右に輪ができました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

今度は、下の紐を左に出した紐の、下に通します。


 

下に通しました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

そのまま、右の輪に上から通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

これで、スネークノットの編み目が1つ出来上がりです。

すぐ下で、もう一度 同じ編み目を作ります。(編み方①をもう一度行います)


 

もう一度編み目を作りました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

今度は、約1cm間隔を空けて、さらに2つ編み目を作ります。


 

約1cm間隔を空けて、さらに2つ編み目を作りました。

パラコードでスネークノットのジッパータブの編み方

最後に2cmくらい末端を残して、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理が出来たら、これで完成になります。

末端をを2cm程残して、焼き止めしてみました。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでジッパータブの編み方!スネークノットのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/fnnGVWY-m7w

 


まとめ

今回は、パラコードでジッパータブをスネークノットで編む方法をご紹介しました。

以前ご紹介したスネークノットのジッパータブより、ボリューム感がありますが、とても握りやすいのが特徴です。

約1cm間隔を空けて編んでいるので、握ったときにその間に指が はまるという仕組みで、ジッパーの開け閉めの動作が とても楽になります。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでジッパータブの編み方!ダイヤモンドノット

パラコードでジッパータブの編み方!スネークノット


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。