【もやい結びの強化版で キャンプで重宝する結び】エスキモーボウラインの結び方

エスキモーボウラインの結び方

キャンプやアウトドア、日常生活まで使える万能な ロープワークです。通常の もやい結びの強化版の結び方で、簡単に結べるのも特徴です。テントやタープを立てるときに、ガイロープ・張り綱を(テント側)に結び付けるときにも役立ちます。

こちらの記事では、エスキモー・ボウライン の結び方をご紹介します。

How to tie a eskimo bowline tutorial.


特徴

こちらは、通常の もやい結びより高強度な結び方になります。

キャンプやアウトドアでも立ち木やポールなどにロープを結び付けたいときや、テントやタープの張り綱(ガイロープ)をテント側や、ペグや石などに結び付けたいときにも便利に使えます。


結び方

では早速、エスキモーボウラインの結び方をご説明していきます。

エスキモーボウラインの結び方

はじめに ロープの先端を下に向けて、数字の6のような形を作ります。


 

数字の6のような形を作りました。

エスキモーボウラインの結び方

次に、下の紐(末端の紐)を輪に 前から通します。


エスキモーボウラインの結び方

今度は、長い方の紐の裏から 左に出します。


 

末端を長い方の紐の裏から 左に出しました。

エスキモーボウラインの結び方

最後に、大きな輪(一番下の輪)の中に前から通してから、

下の輪に下から通します。(上の2つの輪の、下の輪に)

通したら、末端を右に出します。


 

通して、末端を右に出しました。

エスキモーボウラインの結び方

あとは、結び目を引き締めます。


完成

結び目を引き締めたら、これで完成です。

エスキモーボウラインの結び方

 


結び付ける方法

直接 対象物に、結び付ける方法もご紹介します。

末端で、6のような形を作り、


エスキモーボウラインの結び方

下の紐を 対象物の裏から右へ出します。


エスキモーボウラインの結び方

ここからは、先程ご説明した エスキモーボウラインの結び方を行います。(次は、末端を輪に 前から通す)


 

結びました。

エスキモーボウラインの結び方

これで、対象物への 結び付けが完了です。


 

こちらは以前ご紹介した、エスキモーボウラインの結び方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/VEbKE-BChnI


まとめ

今回は、エスキモーボウラインの結び方をご紹介しました。

通常の もやい結びと合わせて覚えておくと、状況によって使い分けることもできます。

それほど もやい結びと変わらないくらいの、簡単な結び方なので覚えやすいですね。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


関連した結び方

漁師結び(完全結び)の結び方

アンカーヒッチの結び方

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。