【 家や車の鍵を ぶら下げるのに超便利】パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方!

パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

車や家の鍵を ぶら下げて使うのにとても便利なパラコードのキーホルダーの作り方をご紹介します。

ベーシックな編み方のスネークノット(つゆ結び)という編み方で作り方を解説していきます。

金具は、ナスカンや二重リングがあれば簡単に自作出来ます。

Paracord simple snake knot keychain tutorial.

記事内で 使用した材料や道具などの詳細は、こちらをご参照下さい。


金具

今回用意した金具は ナスカンと、


二重リングです。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードは、約70cmの長さで2本カットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


はじめにカットした2本のパラコードの、末端を合わせた状態にしておきます。


パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

次に 合わせた2本の紐の先端をナスカンに、前から通します。


パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

通したら 下方向に引いていくようにして、折り返します。


折り返しました。

パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

折り返した左右の紐は、長さが約25cmくらいになるようにしておきましょう。


今度は 4本の紐をまとめて、先端バサミで留めておきます。


洗濯バサミで留めました。


編み方

ここからは、スネークノットで編み込んでいきます。

パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

編み方①

右の紐を 下に下ろします。


パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

次に左の紐を 前から右に移動させて、


パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

そのまま、右に移動させた紐を 裏から左に出します。


 

裏から左に出してくるときに、右に輪を作っておきましょう。(下の画像のように)

パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

今度は右の紐を 真ん中の2本の紐と左の紐の裏から、上に出します。


パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

最後に右の輪に、上から通します。


通したら、

編み目を 引き締めます。


 

編み目を 引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

ここで 洗濯バサミを外して、


金具のすぐ下の部分に編み目が来るように、再度 引き締めます。


引き締めました。(次は 編み方①の最初に戻ります。)

編み方①だけを繰り返して、スネークノットをさらに2つ作ります。(合計3つのスネークノットの編み目を作ります)


 

さらに2つの、スネークノットの編み目を作りました。

ここで ナスカンが下を向くように、全体を反転させます。


真ん中の 2本の紐の先端を

二重リングに前から通して、


通したら 下方向に引いていくようにして、折り返します。


折り返しました。

二重リングの部分の、4本の紐を また洗濯バサミで留めます。

洗濯バサミで、留めました。


洗濯バサミで留める位置は 下の編み目の最後の部分から、二重リングまでの間隔を約6.5cmの長さにしています。


あとは、編み方①と同じように編んで スネークノットの編み目を合計3つ作っていきます。


3つのスネークノットの編み目を作りました。


あとは 合計4本の紐の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

パラコードでスネークノット(つゆ結び)のキーホルダーの作り方

カットして、焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードで2色編みの平編み(コブラ編み)のキーホルダーの編み方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/Lmgqb8H9PZw

 


まとめ

今回は、パラコードでスネークノットのキーホルダーの作り方をご紹介しました。

二重リングの部分に、鍵を取り付けられるように考えてみました。

ちなみに二重リングの部分は、お好みでカラビナなどに替えても良いかもしれません。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


関連した編み方

パラコードでSanctified編みのキーホルダー編み方

パラコードでChesty Solomon編みのキーホルダーの編み方