ダイヤモンドノットの結び方!1本の紐で綺麗な玉結びをする方法!

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

【綺麗な玉結びの結び方! / 初めての方でも 簡単にマスターする方法!】今回の記事では、ダイヤモンドノットの結び方をご紹介します。こちらは、1本の紐(シングルストランド)で結ぶタイプの作り方です。

ダイヤモンドノットの日本語名は、別名 玉結びとも呼ばれていますが、完成の形状がダイヤモンドのような綺麗な見た目をしているため、ダイヤモンドノットと呼ばれています。

こちらの結び方は、紐の最後に飾りとして結んで、飾り結びとして使ったり、パラコードクラフトでは、ブレスレットのストッパー(ストッパーノット)として使用することもあります。

Paracord diamond knot single strand tutorial.

 


結び方

早速結び方をご説明していきます。

紐の途中で、このようにリットルのような形を作ります。

(右に来る紐の交差している部分が前に来るように)


 

もう1つ同じリットルのような形を右にも作ります。

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

次に、右の輪を左に(前から)重ね合わせます。


 

このように、少しずらして重ね合わせます。

右の端の紐を一番右の輪に、前から通します。

 


通しました。

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

今度は、真ん中の間に裏から通します。


 

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

一番左の輪に前から通します。

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

通すと このような形になります。

次は、左に出した紐を一番右の輪に前から通します。


 

通しました。

パラコード ダイヤモンドノット 結び方

最後に、真ん中の間に裏から通します。


 

真ん中の間に、裏から通しました。


 

両端の紐を少し引いて、

1本ずつ、たぐり寄せるように引き締めていきます。

どちらかの末端の紐をたぐり寄せて、引いて、

次に出来た輪を引き締めるように、次の編み目を探して引き締めます。

また、できた輪を引き締められる、編み目を探して、引いていく、の繰り返しで全ての編み目を通り、引き締めれば、完成です。

 


引き締めるときのポイント

引き締め作業が慣れないと、やや難しく感じるかもしれません。

どちらの紐を引いたか忘れないように、焦らず 慎重に引き締めていくのがポイントです。

 


完成

全ての紐を引き締めたら、完成です。

パラコード編みなどでは、ダイヤモンドノットが出来たら、末端の余分な部分をカットして、ライターなどで焼いて ほつれ止めをして処理します。

今回使用したパラコードhttps://amzn.to/3ol0gst


 

使用例

シングルストランドのダイヤモンドノットの使い方は、

上の画像のように、ブレスレットのストッパーとして使用したり、

編み目の最後に結んで、飾り結びとしても便利に使えます。


 

こちらは以前私が動画でご紹介した、1本の紐(シングルストランド)でのダイヤモンドノットの結び方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/XKKc-dfHOjo

 


 

まとめ

今回は、1本の紐で作るダイヤモンドノットの結び方をご紹介しました。

こちらは、2本(2ストランド)で作るダイヤモンドノットよりもシンプルな結び方で、初めての方でも覚えやすいのが特徴です。

2本で結ぶのが難しいという方は、1本で結ぶ、こちらの結び方で練習してコツをつかんでから、2本のダイヤモンドノットに挑戦すると良いかもしれません。

見た目がとても綺麗な結び目で、パラコードクラフトなどでも使うことができて、覚えておくと結構便利です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。