パラコードでバックル ブレスレットの編み方!フィッシュテール

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

【超簡単!10分で作れる! / 防災ブレスレット!】今回の記事では、パラコードでバックルを使ったブレスレットの編み方をご紹介します。フィッシュテール(フィッシュテイル)という編み方で、作り方を解説していきます。

フィッシュテール編みは、直訳すると魚の尾びれといった意味になりますが、文字通り魚の尾びれが連なったような編み目をしていることから、その名前が付いたようです。

Paracord fishtail bracelet with buckle tutorial.

 


今回、金具はこちらのバックルを用意しました。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。

 


パラコードのカット

パラコードは、約2m20cmの長さでカットしました。

軸の長さ(編み込みの長さ)は、16.5cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをカットしたら、バックルに取り付けていきます。

2ストランド・コア・ダブル・カウズ・ヒッチ( 2 strand core double cows hitch)という結び方で取り付けます。

はじめにこちらの方のバックルに取り付けてから、


パラコード ブレスレット

もう片方にも結び付けます。

この取り付け方法については、こちらをご参照ください。

バックルからバックルまでの軸の長さは、16.5cmに設定しています。それぞれの手首周りに応じたサイズで軸の長さを決めてみてください。

私の場合は、手首にブレスレットをはめた時に、人差し指1本分が入るくらいにサイズ調整しています。手首のサイズぴったりに作ってしまうと、隙間がなくなり、手が動かしにくくなってしまいます。

 


編み方

金具に取り付けが出来たら、いよいよフィッシュテール編みで編み込んでいきます。

両端の紐がサイドにある方を上にします。

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

左の紐を軸の間に上から通して、右に出します。(右の軸の紐の下を通るように)


 

通しました。

右の紐を軸の間に上から通して、左に出します。(左の軸の紐の下を通るように)

通したら、編み目を引き締めます。


 

あとはこの動作を繰り返して編み込んでいきます。

また左の紐を軸の間に上から通して、右に出します。(右の軸の紐の下を通るように)


 

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

右の紐を軸の間に上から通して、左に出します。(左の軸の紐の下を通るように)

通したらまた引き締めます。

これがフィッシュテール編みになります。


編むときのポイント

編み込んでいくときに、このように引き締めたはずの編み目が緩んでしまう場合があります。

平編み(コブラ編み)などの編み方と比較すると、フィッシュテールは編み目が緩みやすい編み方なので、緩まないようにその都度引き締めて、引き締めたらホールドしながら編むというのがキレイに編むコツになります。

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

下まで編み込んでいきます。


 

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

最後まで編み込みました。


 

あとは裏返して、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理が出来たら、これでブレスレットの完成になります。

パラコード バックルブレスレット フィッシュテール

今回使用したパラコードhttps://amzn.to/3t2diyB


 

こちらは以前私が作った、パラコードでバックル ブレスレットの編み方!フィッシュテール編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/m6YlYXkuvP8

本記事とは、最初の取り付け方が少し異なりますが、取り付け方はお好みで選んでみて下さい。


 

まとめ

今回は、フィッシュテール編みでバックルのブレスレットを作ってみました。

編み方もシンプルで覚えやすく、パラコードクラフトが初めての方にも おすすめです。

編み目の引き締め方とホールドのコツがつかめれば、キレイに揃った編み目が作れると思います。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。