引き解け結びの結び方!ビニール袋を縛るときにも 超便利なロープワーク! How To Tie a Slip Knot

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

【日常生活でも実用的に使えるロープワーク! / 超簡単で ほどきやすい!】こちらの記事では、引き解け結び(スリップノット)の結び方をご紹介します。引き解け結びは、英語名ではスリップノットとも呼ばれています。

用途は幅広く、ビニール袋(ポリ袋)などを縛るときにも ほどきやすくて便利に使えます。また簡易的に何かを固定したい場合にも使えます。キャンプやアウトドア、日常生活でも使えて覚えておくとなにかと便利です。慣れれば5~10秒程で高速で簡単に結ぶこともできます。片蝶々結びを加えて結ぶとさらに解きやすくなります。

How to tie a slip knot tutorial.


特徴

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

引き解け結びは、伸縮自在の輪が簡単に作れるのが特徴です。最後まで結び目を引くと解けるので、引き解け結びと呼ばれています。


結び方

では、早速結び方をご説明していきます。

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

このように、右に末端が来るようにしておきます。

端の紐を左下方向から、上に(裏を通り)出します。


 

末端の紐を下から上に出しました。

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

次に、前から下に下ろします。


 

前から、下に下ろしました。

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

右の輪に、下から通します。


 

右の輪に、下から通しました。

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

そのまま、左の輪に(右から左方向に)通します。

通したら、引き締めます。


完成

引き締めたら、完成になります。

輪の大きさが、自由自在に調節できるようになっていると完成です。


応用編

ここからは、これまでの結び方を応用して、片蝶々結びを加えてさらに ほどきやすくする結び方もご紹介します。

引き解け結び 結び方 キャンプ ビニール袋

一番最後の結び方の工程の、左の輪に(右から左方向に)通すときに、

今度は、紐を折り返したまま通します。


紐を折り返して、通しました。

するとこのように、片蝶々結びが加えられた、引き解け結びになります。

こちらは、ほどくときに端の紐を引くと簡単に結び目を解くことができます。通常の引き解け結びより、簡単に解くことができるので、簡易的に結び目を作りたいときなどの場合には、とても便利に使えます。

端の紐は、上の画像のように、必ず輪の中に来るようにしておいて下さい。輪の上で端の紐を引いても、結び目が上手く解けないので注意です。


 

こちらは以前私がご紹介した、引き解け結びの結び方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/J0Ft5MgFYJk

 


まとめ

今回は、引き解け結び(スリップノット)の結び方をご紹介しました。

伸縮自在の輪が作れるのが特徴で、キャンプなどのアウトドアから、日常生活まで幅広く使えます。

私は、日常生活では接着剤で何かを接着したいときに、接着剤を付けて張り付けてから、この引き解け結びで簡易的に固定して、接着を安定させる用途にも使用しています。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。