パラコードでリードの編み方!DNAノット Paracord Dog Leash DNA Knot

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

【意外と簡単に作れる! / 手に食い込まないリードの作り方!】こちらの記事では、パラコードでリードの編み方をご紹介します。今回は、DNAノットという編み方で作り方をご説明します。DNAノットは、別名ねじり編み・スパイラルノットとも呼ばれています。らせん状のキレイな編み目が特徴です。

持ち手部分(ハンドル部分)が平らな編み目なので、力が かかっても手に食い込みにくく、扱いやすいです。犬&猫用のリードにおすすめです。

Paracord dog leash(dog lead) DNA knot/spiral knot tutorial.

 


 

今回金具は、こちらのナスカンを用意しました。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、約5m20cmの長さでカットしました。

今回作ったリードの全体の長さは、35cmで

35cmの内、編み込み部分(リード自体)の長さは、20cmで、

ハンドル部分(持ち手部分)の長さは、15cmに設定しています。

 

今回は、ショートリードで作りましたが、カットする長さを換算すると、さらに長いリードも作れます。

かなり大まかに換算すると、倍の長さのリードが作りたければ、倍の長さでカットすればOKです。(今回は、5m20cmなので倍の10m40cmでカット)3倍で作りたければ3倍で換算します。

大まかな換算なので、最後に少し多めにパラコードが余るかもしれませんが、余ったパラコードは他のパラコードクラフトにも使えますので、取っておくと良いです。


持ち手(ハンドル部分)用のパラコード

パラコード カット

ハンドル部分の編み込み用のパラコードは、約1m80cmの長さでカットしました。

ハンドル部分(持ち手部分)の長さは、15cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをカットしたら、ナスカンに取り付けていきます。

こちらの取り付け方の詳しい方法は、こちらをご参照ください。


編み方

ナスカンに取り付けたら、左右に編み込み用の紐が出ている方を上にして編み込んでいきます。ここからは、DNAノットで編み込んでいきます。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

左の紐で左に輪を作ります。(軸の上で)


 

左の紐で左に輪を作りました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

下ろした紐を下から左の輪に通します。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

最後まで通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

あとは、この動作の繰り返しで編み込んでいきます。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

また、左の紐で左に輪を作ります。(軸の上で)


 

左の紐で左に輪を作りました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

下ろした紐を下から左の輪に通します。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

最後まで通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

あとは、必要な長さまで編み込んでいきます。


 

しばらく編み込んでいくと、

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

自然にねじれていき、このような らせん状の編み目ができます。


編むときのポイント

編み込んでいくと、軸の紐も一緒に  ねじれやすいので、軸の紐のねじれを確認してねじれが発生したら、直しながら編み込んでいくのがポイントです。


 

全体の長さの35cmの内、約20cm編み込みました。

持ち手(ハンドル部分)用に15cmの長さを残して編み終わります。

ここからは、持ち手用の紐を通していきます。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

右の紐で右に輪を作ります。(軸の上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

下ろした紐を右の輪に、下から通します。(軸の下から)


 

ゆるく引き締めて、

1m80cmでカットした紐を編み目の真ん中(軸)に前から通します。


 

前から通しました。

通した紐は、半分の長さがちょうど中心にくるようにします。


 

紐を通したら、編み目を引き締めます。


ハンドル部分の編み方

持ち手部分を平編み(コブラ編み)で編んでいきます。

真ん中の輪の、右側は右の2本の紐で平編み(コブラ編み)します。

真ん中の輪の、左側は左の2本で編んでいきます。


 

右側から編んでいきます。

編み方①

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

持ち手部分用に編み残した紐を1本の軸として(写真は右側)、平編みしていきます。

左の紐で左に輪を作り、


 

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

右の紐を下ろして、


パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

下ろした紐を下から左の輪に通して、引き締めます。


編み方②

今度は、右の紐で右に輪を作ります。


左の紐を下に下ろします。


下ろした紐を右の輪に、下から通します。

通したら引き締めます。


引き締めました。

次は、編み方①に戻ります。

その次は編み方②です。左、右、左と交互に輪を作り、編み込んでいきます。


 

半分まで編み込みました。

今度は、反対側も同様に編み込んでいきます。


 

反対側も半分、編み込みました。

パラコード リード 編み方 DNA ねじり編み

あとは、余分な部分を4本カットして、

ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでリードの編み方!DNAノットのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/BDnBojEqS7o


まとめ

今回は、パラコードでDNAノットのリードの編み方をご紹介しました。

DNAノットは、平編み(コブラ編み)の編み方の、片方の編み方を連続して編むのが特徴です。

らせん状の編み目がキレイで、DNAのような面白い形をした編み目です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。