パラコードで超簡単な ナイフの柄・グリップの巻き方!平編み(コブラ編み) Paracord Knife Grip Wrap Cobra Weave

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

【滑り止め&デザイン性向上! / 斧や鉈、ハンマーなどにも応用可能!】こちらの記事では、パラコードをナイフの柄・グリップ(ハンドル部分)への巻き方についてご紹介します。今回は、平編み(コブラ編み)という編み方で、巻き方をご説明していきます。編み方は、シンプルで覚えやすく、初めての方にも おすすめです。

パラコードを巻きつける(ラップする)ことで、持ち手のグリップ力が上がり、滑りにくくなりますし、お好みの色で巻けるなどカスタマイズも楽しめます。

Paracord knife handle (grip)  wrap cobra weave tutorial.

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


 

今回は、こちらのトレーニングナイフ(ゴムナイフ)を使って、巻き方をご説明していきます。

実際に刃物に巻く場合は、作業中に刃先でケガをしないように、刃の部分に新聞紙などを巻き付けて、テープなどで留めておくなど 安全に配慮して作業を進めて下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、約3m50cmの長さでカットしました。

実際に巻き付けたナイフの柄の部分の長さは、約10.5cmで

太さは約3.3cmでした。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


準備

実際に、編んでいく前に準備作業をしてきます。

カットしたパラコードの先端を合わせて、半分に折り返します。


巻き方

では、早速巻き方をご説明していきます。

先程合わせた先端側から反対の、半分に折り返した部分(紐の中心)をナイフのグリップの裏に通します。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

左の紐を右へ移動させます。(グリップの上から)


 

左の紐を右へ移動させました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

右の紐を下に下ろします。(右に出した紐の上から)


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

下ろした紐をグリップの裏から、左に出します。


 

左に出しました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

ここで一度、引き締めます。


平編み(コブラ編み)

ここからは、平編み(コブラ編み)で編み込んでいきます。

編み方①

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

右の紐で右に輪を作ります。(グリップの上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

下ろした紐を右の輪に、下から通します。(グリップの裏から)

最後まで紐を通して、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

編み方②

今度は、左の紐で左に輪を作ります。(グリップの上で)


 

左に輪を作りました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

下ろした紐を左の輪に、下から通します。(グリップの裏から)

最後まで紐を通して、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

引き締めたら、次は編み方①に戻ります。

その次は編み方②です。右、左、右と交互に輪を作り、下まで編み込んでいきます。


編むときのポイント

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

編み目に隙間が出来過ぎないように、詰めながら編み込んでいきます。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

横から見た時に、編み目が上手く真ん中を通るように整えながら編むと、完成度がより高くなります。


 

編み込みました。

パラコード ナイフ 柄 グリップ 編み方 平編み コブラ編み

あとは、左右の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

その際、編み目やナイフのグリップを焼いてしまわないように注意して焼き止めを行って下さい。

パラコード 焼き止め

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。


応用

上の画像は巻き方が違いますが、本記事でご紹介した巻き方を応用して、ハンマーや斧、鉈などにも巻き付けることができます。


まとめ

今回は、パラコードをナイフの柄に、平編み(コブラ編み)で巻く方法についてご紹介しました。

編み方は、とても簡単なので、初めての方でも気軽に挑戦できると思います。

柄が滑りやすい場合や握りにくいといったときにも、巻くことで改善されます。

ただ、巻いた分 太くなってしまうので、シースナイフなどはホック(ベルクロなど)の留め具が留まらなくなってしまう場合があるかもしれないので注意して下さい。

また、柄がツルツルしていて巻きにくい場合は、両サイドに両面テープを貼り付けてから、巻くと良いです。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。