【グリップ力&デザイン性向上!】パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方! Paracord Knife Grip Wrap 2 Strand Ringbolt Hitch

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

【滑り止め&デザイン性向上! / 斧や鉈、ハンマーなどにも応用可能!】こちらの記事では、パラコードをナイフの柄・グリップ(ハンドル部分)への巻き方についてご紹介します。今回は、ツー・ストランド・リングボルト・ヒッチ(2 Strand Ringbolt Hitch)という編み方で、巻き方をご説明していきます。編み方は、シンプルで覚えやすく、初めての方にも おすすめです。

パラコードを巻きつける(ラップする)ことで、持ち手のグリップ力が上がり、滑りにくくなりますし、お好みの色で巻けるなどカスタマイズも楽しめます。

Paracord knife handle (grip)  wrap 2 strand ringbolt hitch tutorial.

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


 

今回は、こちらのトレーニングナイフ(ゴムナイフ)を使って、巻き方をご説明していきます。

実際に刃物に巻く場合は、作業中に刃先でケガをしないように、刃の部分に新聞紙などを巻き付けて、テープなどで留めておくなど 安全に配慮して作業を進めて下さい。


パラコードのカット

パラコードのカット

パラコードは、約1m70cmの長さで 2本カットしました。

実際に巻き付けたナイフの柄の部分の長さは、約10.5cmで

太さは約3.3cmでした。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


用意した物

今回、パラコードの他に輪ゴムも用意しました。


準備

巻き方をご説明する前に、準備作業をしていきます。

まず、カットした2本の紐を揃えてから、グリップの真ん中に当てて、

巻き付け始めたい部分(グリップの下の方)から、末端を10cmくらい出して、このように輪ゴムで留めます。


巻き方

では、早速 巻き方をご説明していきます。

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

編み方①

左の紐を前から、右に移動させます。


 

左の紐を前から、右に移動させました。

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

そのまま、裏から左に出して、右に輪を作ります。


 

裏から左に出して、右に輪を作りました。

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

次に、左に出した紐を前から、右の輪に通します。

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

引き締めたら、今通してきた紐をこのように、左に持って来ておきます。


編み方②

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

次は、右の紐を前から、左に移動させます。


 

右の紐を前から、左に移動させました。

そのまま、裏から右に出して、左に輪を作ります。


 

裏から右に出して、左に輪を作りました。

次に、右に出した紐を左の輪に、前から通します。

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

引き締めたら、今通してきた紐を右に 持って来ておきます。

次は、編み方①に戻り、その次は編み方②と繰り返して編み込んでいきます。(次の編み方①は、左にある紐を使い、同様の編み方で編み込みます)


 

編み進めると、

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

このように、真ん中が空いたような編み目が出来てくると思いますが、この真ん中の空間は最後に引き締めて整えるので、気にせず編み進めて下さい。


 

最後まで、編み込みました。

ここからは、余った紐で ほどけないように結び目を作っていきます。


 

このように 右の紐が、上になるように交差させます。

次に 交差させた後に、左に来た紐を輪に、裏から通します。

通したら、結び目を引き締めます。


 

 

引き締めました。


 

次に、

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

編み目の真ん中の空間を なくすようにして、編み目を真ん中に よせて整えます。


 

編み目を真ん中によせて、整えました。

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方

ここからは、輪ゴムで留めた側が、ほどめないように結び目を作っていきます。


 

輪ゴムを外して、

右の紐が裏に来るように交差させて、


交差させた後に、左に来た紐を前から、輪に通します。

通したら、引き締めます。


引き締めました。


 

最後に、もう一度結び目を作ります。

(何を思ったか、もう一度 結び目を作る前に、誤って紐をカットしてしまったため、紐を溶着させて引き続きご説明しますが、ご了承下さい)

今度は、右の紐が上になるように、交差させて、

交差させた後に、左に来た紐を裏から、輪に通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

あとは、こちらの今結んだ紐と、上側の末端の紐の余分な部分をカットして、ライターなどで焼いて ほつれ止めをします。

その際、編み目やナイフのグリップを焼いてしまわないように注意して焼き止めを行って下さい。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。

今回使用したパラコード(グレー /4mm7芯)https://amzn.to/3vcYAbt

 


応用

上の画像は巻き方が違いますが、本記事でご紹介した巻き方を応用して、ハンマーや斧、鉈などにも巻き付けることができます。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでナイフのグリップの編み方!2 Strand Ringbolt HitchのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/6jl31a1CGWo

 


まとめ

今回は、パラコードをナイフの柄に、2 Strand Ringbolt Hitchで巻く方法についてご紹介しました。

編み方は、とても簡単なので、初めての方でも気軽に挑戦できると思います。

柄が滑りやすい場合や握りにくいといったときにも、巻くことで改善されます。

ただ、巻いた分 太くなってしまうので、シースナイフなどはホック(ベルクロなど)の留め具が留まらなくなってしまう場合があるかもしれないので注意して下さい。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードをナイフの柄・グリップに巻く 一番簡単な方法

パラコードでナイフの柄・グリップの巻き方!Single Strand Ringbolt Hitch


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。