パラコードでストラップの編み方! Paracord Sanctified Key Fob

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

【バッグなどにぶら下げてアクセントに! / シンプルな編み方で初心者の方でも簡単に作れる!】こちらの記事では、パラコードでストラップ(キーホルダー)の作り方をご紹介します。今回は、Sanctifiedという編み方で作り方をご説明していきます。

こちらは、2色編みですが同じ編み方を繰り返していくだけなので、作り方は、そこまで難しくありません。幅が広めな編み方で、ボリューム感が楽しめる編み方です。

Paracord sanctified keychain / key fob tutorial.


金具

パラコード 金具

今回金具は、ナスカンを用意しました。

パラコードを編むときに必要な物についてはこちらをご参照ください。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、軸用の紐(編み込んだときに、編み目の真ん中に来る紐)を約1mの長さでカットしました。


パラコード カット

編み込み用の紐(編み込んだときに、編み目の外側に来る紐)を約70cmの長さでカットしました。

今回は、ストラップの全体の長さを10cmに設定しました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


準備

編み込む前に準備作業をしていきます。

軸用の紐を末端を合わせて、このように半分に折り返します。


 

次に、半分に折り返した部分が、下になるように置きます。

右の紐で、右に輪を作ります。(軸の上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

左の紐を下に下ろします。(左に出した紐の上から)


 

左の紐を下に下ろしました。

下ろした紐を右の輪に、下から通します。


 

下ろした紐を右の輪に、下から通しました。

軽く引き締めます。


 

軽く引き締めました。

左右の輪に、もう一本の紐を通していきます。

右の輪に、上から通して、

左の輪に、下から通します。

このように通します。


 

紐の中心で通したら、

編み目を引き締めます。

引き締めました。


 

今引き締めた編み目を含め、下の輪になっている部分の長さを約10cmの長さに設定しました。

この長さがストラップの全体の長さになります。


編み方

ここからは、Sanctified編みで編み込んでいきます。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

編み方①

左上の紐を軸の左の紐の、下から右に出します。

通したら、左に輪を作ります。


 

通して、左に輪ができました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

次に、右上の紐を今右に通した紐の下に通して、軸の右の紐の下から左に出します。

通したら、右に輪を作ります。


 

右にも輪ができました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

今後は、左上の紐(左の青い紐)を裏から軸の間に通します。


 

軸の間に裏(下から)通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

そのまま一番左の輪に、前から通します。


 

前から、左の輪に通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

右上の紐(青い紐)を軸の間に、裏から通します。


 

右の紐を軸の間に、裏(下から)通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

そのまま一番右の輪に、前から通します。


 

前から、右の輪に通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

あとは、編み目を引き締めていきます。


 

引き締めました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

編み方②

ここからは、左下の紐を左軸の、下から右に通して、

左に輪を作ります。


 

左に輪ができました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

右の紐を今右に出した紐の下に通して、右軸の下から左に通します。

通したら、右に輪を作ります。


 

右に輪ができました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

左上の紐(青い左の紐)を軸の間に、裏から通します。


 

軸の間に裏(下から)通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

そのまま一番左の輪に、前から通します。


 

前から、左の輪に通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

右上の紐(青い紐)を軸の間に裏から通します。


 

裏から、軸の間に通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

そのまま一番右の輪に、前から通します。


 

輪に、前から通しました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

あとは、また編み目を引き締めていきます。


 

引き締めました。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

あとは、編み方②だけの動作の繰り返して、編み込んでいきます。


 

約5cm編み込みました。

紐の処理

最後に、紐の処理をしていきます。

パラコード キーホルダー ストラップ 編み方 Sanctified

左右の上の紐(青い紐)の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

パラコード 焼き止め

焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


 

残った紐で、ほつれ止めの結び目を作ります。

右の紐を軸の間に、下から通して右に輪を作ります。


 

右の紐を軸の間に、下から通して右に輪を作りました。

そのまま、右の輪に上から通します。


 

通したら、

引き締めます。


 

引き締めました。

左も同じ要領で、軸の間に裏から通して、左に輪を作ります。


そのまま、前から左の輪に通します。

通したら引き締めます。


 

引き締めました。

あとは、左右の紐の余分な部分をカットして、焼き止めします。


 

カットして、

焼き止めしました。


完成

処理ができたら金具に取り付けて、完成です。

取り付けは、カウヒッチという結び方で取り付けています。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでストラップの編み方!Sanctified編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/CbeQfosQg_I


まとめ

今回は、パラコードでストラップをSanctified編みで編む方法についてご紹介しました。

工程はやや多めですが、編み方自体はそこまで難しくはないかと思います。

今回作ったストラップの長さの内訳は、全体の長さが約10cmで、編み込み部分が約5cm、紐部分が約5cmとなっています。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。