最も簡単な ダイヤモンドノットの結び方!2本の紐で綺麗な玉結びをする方法! Most Easy Diamond Knot

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

【綺麗な玉結びの結び方! / 初めての方でも 簡単にマスターする方法!】今回の記事では、一番簡単なダイヤモンドノットの結び方をご紹介します。こちらは、2本の紐(2ストランド)で結ぶタイプの作り方です。こちらは、数種類あるダイヤモンドノットの中でも一番簡単なタイプの結び方なので、初めての方でも簡単です。

ダイヤモンドノットの日本語名は、別名 玉結びとも呼ばれていますが、完成の形状がダイヤモンドのような綺麗な見た目をしているため、ダイヤモンドノットと呼ばれています。

また、ただ単に見た目が良いだけでなく、パラコード編みなどではブレスレットやキーホルダーなどの編み終えた部分でダイヤモンドノットを作り、ストッパーとして使ったり、飾り結びとしての用途で使うこともあります。

Paracord most easy diamond knot 2 strand (two strand) step by step.


特徴

このように末端の2本の紐(折り返した紐または、何かを編み込んだ後などに余った2本の紐)を使って結ぶタイプの結び方になります。


ダイヤモンドノットの結び方(2本)

早速 2本の紐で作る、一番簡単なダイヤモンドノットの結び方をご説明していきます。

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

右の紐を裏から左に出して、右に輪を作ります。


 

右の紐を裏から左に出して、右に輪を作りました。

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

次に、左の紐を前から右に移動させて、左に輪を作ります。


 

左の紐を前から右に移動させて、左に輪を作りました。

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

ここまでで、このような形が出来上がります。


 

今度は、

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

右にある紐を裏から、左の輪に通します。


 

右の紐を裏から、左の輪に通しました。

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

最後に、左の紐を前から、右の輪に通します。


 

左の紐を前から、右の輪に通しました。

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

あとは、全体を引き締めていきます。


 

一番簡単なダイヤモンドノットの結び方

引き締めました。


完成

引き締めたら、これで完成です。

飾り結びやストッパーノットとして使う場合、ここまで結んだら 余分な末端の紐はカットして処理してもOKです。


具体的な用途

用途は、飾り結びやストッパーノットの他に、

ジッパータブとしても便利に使えます。

この作り方の詳細は、こちらをご参照ください。


まとめ

今回は、2本の紐で作る一番簡単なダイヤモンドノットの結び方をご紹介しました。

他のダイヤモンドノットは、意外と難しく難解な結び方が多いのですが、こちらのダイヤモンドノットは、とても簡単で覚えやすく、初めての方 向けな結び方になります。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した結び方

2本の紐で作るダイヤモンドノットの結び方

1本の紐で作るダイヤモンドノットの結び方


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。