パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット Paracord Monkey’s Fist Keychain with Marble

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

【バッグなどのアクセントに おすすめ! / 簡単15分で作れる!】こちらの記事では、パラコードでキーホルダー(ストラップ)の編み方をご紹介します。今回は、モンキーフィストノットという編み方で作り方をご説明します。

作り方は、指に巻き付けて編み目を引き締めるだけと、比較的簡単に作れるので、初めての方にもおすすめです。こちらは、ビー玉を編み目の中に入れて作るのが特徴です。使い方は、バッグやリュックなどにぶら下げても おしゃれに使えます。

How to make a monkey’s fist keychain with marble / ball bearing tutorial.


使用した金具

今回、使用した金具はナスカンです。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードのカット

今回は、パラコードを約1m20cmの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


用意した物

今回は、パラコードと金具の他に

こちらの、ビー玉を用意しました。(編み目の中に入れて、形を整えるために使います)


準備

実際に編み込んでいく前に、準備作業をしていきます。

上の短い紐が15cm程の長さになるように、このように折り返します。


編み方

では早速、モンキーフィストノットで編んでいきます。

折り返した紐を左手の、親指と人差し指に 巻き付けていきます。

人差し指に、前から上に掛けます。(折り返した紐の 長い方の紐を使っていきます)


 

人差し指に、上から掛けました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

そのまま、裏から下に移動させます。


 

裏から、下に移動させました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

次は、前から上に移動させます。

この動作を3回繰り返して、巻き付けます。(左から右方向に巻き付けていきます)


裏から下へ、


下から上へ、


また、裏から下へと移動させます。


 

3回巻き付けました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

最後に、前から真ん中に移動させます。


 

ここからは、横方向に 巻き付けていきます。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

右の紐を左の空間に、裏から通します。


 

左の空間に、裏から通しました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

次に、右に出します。


パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

また、左の空間に裏から通します。

これを3回繰り返して巻き付けます。(下から上方向に巻き付けます)


 

3回巻き付けました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

ここで指から編み目全体を外します。(編み目が崩れないように注意しながら指から外します)


 

指から外しました。

このように、上下に輪がある方を前にします。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

右の紐を上の輪に、裏から通します。


 

右の紐を上の輪に、裏から通しました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

次に下の輪に、前から通します。


 

下の輪に、前から通しました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

また、上の輪に裏から通します。


また、下の輪に前から通します。

これを3回繰り返します。(右から左方向に巻き付けていきます)


上の輪に 裏から通し、


下の輪に前から通し、


3回巻き付けました。


最後は、裏から上の輪に通して 終わります。


 

ここで、巻き付けて出来た編み目の中に、ビー玉を入れます。


 

編み目の中に、ビー玉を入れました。


編み目の引き締め

あとは、編み目を引き締めていきます。


まず、末端の紐を引きます。


 

末端の紐を引きました。

次に、末端の紐を引き締められる紐を探します。

見つけたら引きます。


すると、このように輪が出来ます。

今度は、その輪になっている紐を引き締められる紐を探します。見つけたら引きます。


 

輪を引きました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

また輪が出来るので、その輪を引き締められる紐を探して、引きます。

これを繰り返して、編み目全体を引き締めていきます。


 

1周引き締めました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

すると、このような形ができます。

まだ緩い箇所があるので、さらにもう1周引き締めます。(無理して1周目で引き締めを終わらせるよりも、2周ほど徐々に引き締めていく方が綺麗な仕上がりになります)


 

2周引き締めました。

パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット

引き締めたら、金具に取り付けてきます。


金具への取り付け

ここからは、金具に取り付けていきます。

前から、ナスカンに通して 右に出します。


 

前から、ナスカンに通して 右に出しました。

次に、前から左に移動させます。


 

前から、左に移動させました。

最後に、裏から右の輪に通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

編み目から、金具までの長さが約5cmになるように結び付けました。

あとは、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

カットして、焼き止めしました。

パラコードの焼き止め

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでキーホルダーの編み方!モンキーフィストノット(ビー玉なし)のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/mEthlU6QuTY

こちらの動画は、ビー玉が必要ないタイプの編み方なので、ご参考程度として載せておきます。

 


まとめ

今回は、パラコードでモンキーフィストノットのキーホルダーの作り方をご紹介しました。

編み方は、指に巻き付けて編み目を引き締めるだけで、比較的簡単に作ることができます。

モンキー・フィストを直訳すると、サルのこぶし という意味になりますが、文字通りサルのこぶしのようなカワイイ編み目をしています。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでSanctified編みのキーホルダー編み方

パラコードでボックスノットのキーホルダーの編み方

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。