【鍵を取り付けて ホルダーとして使える】パラコードでキーホルダーの編み方!【Jagged Ladder】

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

使い方は、鍵などを取り付けて おしゃれなキーホルダーとして使えます。用意する金具は、安く手に入る 100均などの金具を使用してもOKです。パラコードクラフトの中では、キーホルダー作りは簡単な方なので 初めての方にもおすすめです。

今回は、Jagged Ladderという編み方で作り方をご説明していきます。

Paracord jagged ladder keychain tutorial.


金具

今回使用した金具は、ナスカン(左)とカラビナ(右)です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードのカット

キーホルダーの編み込み部分の長さを6cmに設定して、

軸用のパラコード(編み目の外側に来る紐)は、約1mの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


編み込み用の紐(編み目の真ん中に来る紐)は、約70cmの長さでカットしました。


取り付け

カットした紐を、金具に取り付けていきます。

軸用に カットした紐の末端を合わせて、半分に折り返します。


 

折り返した部分を

カウヒッチで、金具(カラビナ)に取り付けます。


 

カウヒッチで取り付けました。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。

次に、紐の反対側(末端)からもう片方の金具を通します。


 

ナスカンに前から通します。


 

ナスカンに前から通しました。

右の紐で、右に輪を作ります。


 

右の紐で、右に輪を作りました。

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

そのまま、右の輪に下から通します。

通したら、編み目を 軽く引き締めます。


今度は、編み込み用の紐を 編み目の横から通します。


通したら、引き締めます。(通してきた紐は、半分の長さの所で 中心に通るようにしましょう)


引き締めました。


 

今編み目を作った部分の、

金具(ナスカン)から、金具(カラビナ)までの長さがキーホルダーの編み込み部分の長さ(完成の長さ)になります。

今回は、この軸の長さを約6cmに設定しました。


編み方

ここからは、Jagged Ladderで編み込んでいきます。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

編み方①

右の紐(右の赤色のコード)を前から左に移動させて、右に輪を作ります。


 

右の紐(右の赤色のコード)を前から左に移動させて、右に輪を作りました。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

次に、左の紐(左の赤色のコード)を左に出した紐の裏から 右に出して、左に輪を作ります。


 

左の紐(左の赤色のコード)を裏から 右に出して、左に輪を作りました。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

右上の紐を輪の真ん中に合わせるようにして、下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

そのまま、下から右の輪に通します。


 

下から 右の輪に通しました。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

左の紐を輪の真ん中に合わせるようにして、下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

そのまま、下から左の輪に通します。


 

下から 左の輪に通しました。

あとは編み目を引き締めていきます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

パラコードでキーホルダーの編み方、Jagged Ladder

あとは、編み方①だけを繰り返して編み込んでいきます。(次は、編み方①に戻ります)


 

下まで編み込みました。

最後まで編み込んだら、左右の余分な4本の紐をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

パラコードの焼き止め

カットして、焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードで2色編みの平編み(コブラ編み)のキーホルダーの編み方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/Lmgqb8H9PZw

 


まとめ

今回は、パラコードでJagged Ladderのキーホルダーの作り方をご紹介しました。

編み方は同じ動作の繰り返しで とても簡単なので、パラコードクラフトが初めての方にも おすすめです。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


関連した編み方

パラコードでSanctified編みのキーホルダー編み方

パラコードでボックスノットのキーホルダーの編み方

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。