【中型・大型犬 に最適】パラコードで首輪の編み方!ダブルブレイズ編み

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

ワンちゃん用に最適な首輪の編み方です。こちらの首輪は、中型・大型犬くらいまで対応できると思います。こちらの記事では、パラコードで首輪の作り方をご紹介します。

今回は、ダブルブレイズ編みという編み方で作り方をご説明していきます。

Paracord blaze bar dog collar tutorial.


金具

パラコード 金具

今回用意した金具は、バックル(左)とDカン(右)です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードは、約4mの長さでカットしました。

今回は、首輪の編み込み部分の長さを、20cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをカットしたら、金具に取り付けていきます。

バックルとDカンに、取り付けました。

この取り付け方については、こちらをご参照ください。


もっと大きなバックルを使って首輪を作りたい場合は、この首輪の取り付け方を参考にしてみて下さい。(紐をジョイントしないで、取り付けていきます)

最初のバックルに Dカンを巻き込みながら、取り付けます。


このように取り付けます。


この取り付け方法については、こちらをご参照ください。


編み方

ここからは、ダブルブレイズ編みで編み込んでいきます。

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

編み方①

右の紐を軸の間に前から通し、左に出して右に輪を作ります。


 

右の紐を軸の間に前から通し、左に出して右に輪を作りました。

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

左の紐を左に出した紐の裏に通して、軸の間に前から通し 右に出します。


 

左の紐を左に出した紐の裏に通して、軸の間に前から通し 右に出しました。

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

そのまま 右の輪に下から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


引き締めました。(ここまでが、編み方①です)


 

今作った編み目(画像の左上のバックル)から、

反対側のバックル(画像の右下)までの軸の長さが、首輪の編み込み部分の長さ(完成の長さ)になります。

今回は、この軸の長さを20cmに設定しています。ワンちゃんの首周りに応じた長さで、決めてみて下さい。


編み方②

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

左の紐を軸の間に裏から通し、右に出して左に輪を作ります。


 

左の紐を軸の間に裏から通し、右に出して左に輪を作りました。

右の紐を右に出した紐の前から、軸の間に裏から通し 左に出します。


 

右の紐を右に出した紐の前から、軸の間に裏から通し 左に出しました。

そのまま 左の輪に前から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方②です)

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

次は、編み方①に戻り、その次は編み方②です。編み方①と②を交互に繰り返して編み込んでいきます。


 

しばらく編むと、

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

このような編み目が出来ていきます。あとは、引き続き 下まで編みます。


 

下まで編み込みました。

パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方

あとは余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

カットして、焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードで単色の平編み(コブラ編み)の首輪の編み方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/sjFoYU1WcLw


まとめ

今回の記事では、パラコードでダブルブレイズ編みの首輪の編み方についてご紹介しました。

幅広な編み目なので、小型犬よりも 中型犬や大型犬 向きかなと思います。

例えば、倍の長さで首輪を作りたい場合は、倍の長さでパラコードをカットすると倍のサイズの首輪が作れます。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでお花の首輪の編み方!

パラコードで大型犬の首輪の編み方!トリロバイト編み


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。