パラコードをリュックの持ち手に巻く 一番簡単な方法! Paracord Backpack Wrap

パラコード リュック 持ち手 編み方

【滑り止め&デザイン性向上! / 実用的パラコードクラフト!】こちらの記事では、パラコードをリュックの持ち手(ハンドル部分)への巻き方についてご紹介します。こちらは、私が今まで巻いてきたやり方の中でも、とてもシンプルで覚えやすく、簡単な編み方で、初めての方にも おすすめです。

パラコードを巻きつける(ラップする)ことで、持ち手のグリップ力が上がり、滑りにくくなりますし、お好みの色で巻けるなどカスタマイズも楽しめます。また持ち手のカバーとして劣化防止にも役立ちます。

Paracord Backpack handle easy wrap tutorial.

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


 

パラコード リュック

今回は、こちらのリュックサックの持ち手を使って、巻き方をご説明していきます。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、約2mの長さでカットしました。

実際に巻き付けた、リュックのハンドル部分の長さは、約9cmです。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


編み方

では、早速編み方をご説明していきます。

カットしたパラコードを巻き付けたい部分の両端から5cmくらい出るように、画像のように折り返します。

パラコード リュック 持ち手 編み方

折り返して合わせたら、下の長い方の紐を上に移動させます。


 

パラコード リュック 持ち手 編み方

上に移動させたら、裏から下へ、


 

パラコード リュック 持ち手 編み方

次に、下から上へ移動させて、


 

裏から下へ、


ぐるぐると巻き付けていきます。

下から上へ、と繰り返します。


 

ある程度巻き付けたら、

パラコード リュック 持ち手 編み方

編み目を右にスライドさせて、位置を調整します。


 

編み始めたい位置に移動させました。

あとは先程と同様に、ぐるぐると巻き付けていきます。


 

巻き付けました。

パラコード リュック 持ち手 編み方

左の輪に、左の紐(今巻き付けてきた紐)を前から通します。


 

左の輪に、前から通しました。

パラコード リュック 持ち手 編み方

最後に、巻き付けてきた部分を固定していきます。


 

パラコード リュック 持ち手 編み方

左の紐を掴みながら、右の端の紐を引き絞っていきます。(右方向に引きます)


 

引き絞りました。

パラコード リュック 持ち手 編み方

これで、編み目が ほどけなくなりました。

あとは、余分な左右の末端の紐をカットして、ライターなどで焼いてほつれ止めをします。

リュックの持ち手の場合は焼き止めがしずらいので、端の紐は約1cmくらい(通常より少し余分に)残してカットすると良いと思います。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理が出来たら完成です。

カットして、焼き止めしたあとに残る、左右の余分な紐は、編み目の中に入れると見た目が良くなります。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードをリュックの持ち手に巻く方法 一番簡単な編み方!のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/muZqPK5teJo

 


まとめ

今回は、パラコードをリュックの持ち手に巻く方法をご紹介しました。

編み方自体は、とても簡単で それほど時間もかからず、手軽に出来ます。

巻き付けるパラコードの色を好みで選ぶことができるのでカスタマイズ性も楽しめます。

また、ほどくと2m程のロープにもなるので、いざという時のロープのストレージ(携帯・保管)としても実用的です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。