パラコードで首輪の編み方!平編み(コブラ編み)のクロスステッチ Paracord XOXO Dog Collar

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

【超簡単! / ワンちゃん&ネコちゃん用に最適!】こちらの記事では、パラコードで首輪(犬&猫用)の編み方についてご紹介します。今回は、クロスステッチ(別名Xコブラ編み)という平編み(コブラ編み)をアレンジした編み方で作り方をご説明していきます。

クロスステッチ編みは、編み目の中心がクロス(交差)したような編み目が特徴です。綺麗な編み目なので、女性の方にも人気が高い編み方です。意外と簡単な編み方なので、初めての方でも 一度覚えればそれほど難しくはありません。

Paracord XOXO dog collar with buckle tutorial.


 金具

今回用意した金具は、バックル(左)とDカン(右)です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


カット

パラコード カット

パラコードは、軸用の紐(左のクリーム色の紐)を約2m50cmの長さで、

編み込み用の紐(右のピンク色の紐)を約1m40cmの長さでカットしました。

今回は、首輪の編み込み部分の長さを、21.5cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをカットしたら、金具に取り付けていきます。

カットした軸用のパラコードを端の紐を合わせて半分に折り返します。

折り返したところで、バックルの片方にカウヒッチで取り付けます。

次に、紐の末端側から、Dカンを通します

カウヒッチの結び方については、こちらをご参照ください。


 

紐の末端側から、Dカンを通しました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

通したら、このように結び目を引き締めます。


 

今度は、紐の末端から、もう片方のバックルを前から通します。

パラコード 金具 取り付け

前から、もう一方のバックルを通しました。

ここから編み込んでいくんですが、バックルから、バックルまでの長さが首輪の編み込み部分の長さ(完成の長さ)になっていきます。


編み方

では、早速編み込んでいきます。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

右の紐で、右に輪を作ります。(軸の前から)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

下ろした紐を右の輪に、下から通します。


 

右の輪に、下から通しました。

次に、編み込み用の紐を左右の輪に、裏から通します。

このように通します。


 

編み込み用の紐を通して、編み目を引き締めました。

ここで、軸の紐の長さ(バックルからバックルまでの長さ)が、設定した首輪の長さに合っているか確認します。確認ができたら、編み込んでいきます。

編み方①

今度は、左の紐で左に輪を作ります。(軸の前で)


 

左の紐で左に輪を作りました。

右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

下ろした紐を左の輪に、下から通します。


 

左の輪に、下から通しました。

ここで、完全に編み目を引き締めずに、このように輪を残すようにしておきます。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

左上の紐(編み込み用の紐)を右の輪に、前から通します。


 

左上の紐を右の輪に、前から通しました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

今度は、右上の紐(編み込み用の紐)を左の輪に、前から通します。


 

右上の紐を左の輪に前から通しました。

通したら、編み目を引き締めます。


 

編み目を引き締めました。

編み方②

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

右の紐で右に輪を作り、


 

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

左の紐を下に下ろして、


 

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

右の輪に、下から通します。


 

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

このように輪を残して引き締め、編み込み用の紐を左右の輪に、裏から通します。

編み込み用の紐の、左の紐は左の輪に、右の紐は右の輪に、裏から通すようにします。


 

左右の輪に、裏から通しました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

あとは、編み方①に戻り、次は編み方②と交互に繰り返して編み込んでいきます。


 

編み込みました。

パラコード 首輪 編み方 クロスステッチ 平編み

最後まで編み込んだら、左右の4本の紐の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードで首輪の編み方!クロスステッチ編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/0bHEKwcpdoE

本記事とは、最初の金具への取り付け方が異なりますが、本記事のやり方の方が簡単で、改良版になります。こちらの動画は、金具への取り付け方以外の、編み方などを参考としてご覧ください。


まとめ

今回は、パラコードで首輪をクロスステッチで編む方法をご紹介しました。

クロスステッチは、平編み(コブラ編み)がベースになってるので、平編みが理解できれば、それほど難しくない編み方です。

クロスした編み目が、アクセントになっていて、キレイ目な印象です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。