パラコードでブレスレットの編み方!ハーフヒッチ Paracord Half Hitch Bracelet

パラコード ブレスレット 編み方 Half Hitch

【超簡単! / 10分で作れる!】こちらの記事では、パラコードのみを使い金具なしで簡単に作れるブレスレット(ループ&ストッパーノット式)の編み方をご紹介します。今回は、ハーフヒッチ(Half Hitch)という編み方で作り方をご説明します。

こちらのハーフヒッチは、2色のコントラストが綺麗な編み方です。作業時間は、早ければ10分~15分程で簡単に作れます。また、バックルなどの金具がなくても、パラコードさえあれば手軽に作れるのも特徴です。このブレスレットは、ストッパーノットとループでの接続方法のタイプになります。

Paracord half hitch loop & stopper knot without buckle bracelet tutorial.


パラコード ストッパーノット ブレスレット

こちらがループ&ストッパーノット式のブレスレットの一例になります。

このようにループ部分(画面右下の輪)に、ストッパーノット部分(画面左下)を引っ掛けるタイプの接続方式になります。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

今回は、パラコードを2色とも約1m40cmの長さでカットしました。

編み込み部分の長さを16.5cmに設定して、

ループ部分の長さが2cm、ストッパーノット部分の長さを3cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


準備

編み込む前に、ループと軸を作るための準備作業をしていきます。

カットした1本の紐を片方が、40cmの長さになるように、折り返します。


 

片方40cmになるように折り返しました。

40cmの方が右側に来るようにします。

次に右側の紐に、もう1本の紐を引っ掛けます。


 

右側に紐を引っ掛けました。(この紐は、末端を合わせて半分に折り返した所で引っ掛けます)

パラコード ブレスレット 編み方 Half Hitch

右の紐を左の紐の上から、左へ出し、交差させます。


 

右の紐を交差させました。

パラコード ブレスレット 編み方 Half Hitch

左に出した紐を裏から、右に出します。


 

左の紐を裏から、右に出しました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

そのまま、下に下ろします。


 

下に下ろしました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

今度は、左の紐を裏から、右に出します。


 

左の紐を裏から、右に出しました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

そのまま、左の輪に前から通します。

通したら、引き締めます。


 

左の輪に前から通して、引き締めました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

上の輪の部分(ループ部分)を約2cmの長さに設定しました。

次に、全体を裏返します。


 

全体を裏返しました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

下の左側に、短い方の紐(黒い紐)が来るようにして、下の右側の紐(赤い紐)を左の紐と同じ長さに調節します。

左右に長い方の紐が来るようにします。


 

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

ここまでで、全体がこのようになります。


編み方

ここからは、ハーフヒッチで編み込んでいきます。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

編み方①

左の紐を下の2本の紐の裏から、右に出して輪を作ります。


 

左の紐を下の2本の裏から右に出して、輪を作りました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

次に、右に出した紐を左の輪に、前から通します。


 

右に出した紐を左の輪に、前から通しました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

最後まで通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

編み方②

今度は、右の紐を下の2本の紐の裏から、左に出して輪を作ります。


 

右の紐を下の2本の紐の裏から、左に出して輪を作りました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

左に出した紐を右の輪に、前から通します。


 

左に出した紐を右の輪に、前から通しました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

最後まで通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

次は、編み方①に戻り、その次は編み方②と、交互に繰り返して編み込んでいきます。


 

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

しばらく編むと、このような編み目が出来ていきます。


 

16.5cm編み込みました。

パラコード ブレスレット 編み方 ハーフヒッチ Half Hitch

編み込んだら、編み目のほつれを防止するために、平編み(コブラ編み)を1回行います。

平編み(コブラ編み)

右の紐で、右に輪を作ります。(軸の上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

下ろした紐を右の輪に、下から通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

あとは、左右の紐の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

パラコード 焼き止め

焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


 

最後に、

下の2本の紐でストッパーノットを作っていきます。

ストッパーノットの結び方の詳細は、こちらをご参照ください。


 

ストッパーノットが出来たら、余った紐をカットする前に、一度腕に身に着けてみて、サイズ感を確認します。

余分な紐が付いたまま、ループ(輪)にストッパーノットを通してみます。

ストッパーノットの長さが丁度良いか、確認できてからカットして処理していきます。

サイズ感を確認したら、ストッパーノットの両端の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

今回は、約3cmの長さの所で、ストッパーノットを作りました。

パラコード ストッパーノット

余分な部分をカットして、焼き止めしました。


完成

処理ができたら完成です。


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでループ&ストッパー式のブレスレットの編み方!ハーフヒッチのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/4-abk8JLgm0


まとめ

今回の記事では、パラコードでハーフヒッチのブレスレットの編み方をご紹介しました。

こちらは、金具なしで気軽に作ることができます。

今回は、渋めな配色にしてみました。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。