パラコードでシェラカップの編み方!フィッシュテール Paracord Outdoor Gear Cup Wrap

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

【キャンプ・アウトドア用の実用的 パラコードクラフト! / 10分で簡単に作れる!】こちらの記事では、パラコードをシェラカップの柄・グリップ部分に巻く方法をご紹介します。今回は、フィッシュテール(フィッシュテイル)という編み方で巻く方法をご説明します。早ければ、10分~20分程で簡単に編めるので、気軽にキャンプギアをカスタマイズできます。

持ち手の部分にパラコードを巻き付けることで、持ち手の部分が熱くないので持ちやすくなります。紐のループ部分にカラビナなどを取り付けるとぶら下げられて携帯性が上がったり、洗った後に吊り下げて乾燥させるときにも便利です。

Paracord outdoor gear cup handle wrap fishtail tutorial.


シェラカップとは

シェラカップとは

シェラカップというのは、簡単に説明すると金属製のカップのことで、キャンプや登山などのアウトドアで、コーヒーやスープなどを注ぐカップとして使えたり、焚火やバーナーなどにかけて、調理や炊飯用のカップとしても使えるアウトドアグッズです。

今回は、こちらのシェラカップを使い、実際に巻き方をご説明していきます。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、約1m80cmの長さでカットしました。

実際に巻き付けた持ち手部分の長さは、約9cmです。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


準備

巻き付ける前に準備作業をしていきます。

カットしたパラコードの末端の紐をこのように合わせて、半分に折り返します。


巻き方

では早速、フィッシュテール編みで巻き方をご説明していきます。

先程半分に折り返した部分(合わせた末端の反対側の部分)を持ち手の裏に合わせます。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出します。


 

右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出しました。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

次に、左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出します。


 

左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出しました。

あとは、この動作の繰り返しです。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

また、右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出します。


 

右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出しました。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

次に、左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出します。


 

左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出しました。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

通したら、編み目を引き締める、と繰り返していきます。


 

しばらく繰り返すとこのようになります。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

編んだ後は編み目を引き締めて、編み目全体を詰めながら(画像上方向に編み目全体を押して詰めながら)編み込んでいきます。


 

編み込みました。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

このように少し、空間が空くくらいで編み終わります。

最後に、左右の紐をこの間に前から通します。


 

左右の紐を間に、前から通しました。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

通して引き締めると、編み目が固定されて ほどけなくなります。


パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

余った紐で、結び目(こぶ結び)を持ち手から約6cmの所で作りました。

こぶ結びができたら、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

今回使用したパラコード(オリーブドラブ4mm7芯)https://amzn.to/3FNjZuO


使い方

パラコード シェラカップ 編み方 フィッシュテール

ループ部分にカラビナなどを取り付けると、携帯性が上がります。

また、洗った後に吊り下げて乾燥させるときにも便利です。


こちらは以前私がご紹介した、パラコードでシェラカップの編み方!フィッシュテールのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/WeuYfnRbnO8


まとめ

今回の記事では、パラコードをシェラカップの持ち手にフィッシュテール編みで巻く方法をご紹介しました。

調理などの際、巻き付けたパラコードに火が当たると溶けてしまうので注意が必要です。

心配であれば、コーヒーやスープなどの飲み物用のカップや食器としての使用用途にとどめておくのがよいかもしれません。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。