パラコードでバックル ブレスレットの編み方!ラブラブ編み(ハート型)Paracord 6 Strand Heart Buckle Bracelet

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

【超簡単な 可愛いハート型のブレスレット! / 1から10までやさしく解説!】今回の記事では、パラコードでバックルのブレスレットの編み方についてご紹介します。今回は、ラブラブ編みという編み方で作り方をご説明していきます。

ラブラブ編みは、ハート型が連なったような編み目が特徴です。可愛らしい編み目なので、女性の方に人気が高い編み方です。意外と簡単な編み方なので、初めての方でも 一度覚えればそれほど難しくはありません。

Paracord 6 strand heart(3 colors)  buckle bracelet tutorial.


金具

今回、金具はこちらのバックルを用意しました。

パラコード バックル

こちらのバックルのサイズは、縦3cm、横1.5cm、取り付け部分(紐を通す間の長さ)1cmです。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコード カット

パラコードは、3色とも約1mの長さでカットしました。

ブレスレットの編み込み部分の長さは、17.5cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードがカットできたら、バックルに取り付けていきます。

カウヒッチで取り付けます。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。


 

ゆるめに、カウヒッチで取り付けました。

左右の間に、もう1本の紐を上から通します。


 

最後まで通しました。

さらにもう1本の紐を編み目に、横から通します。


 

もう1本の紐を横から通しました。

あとは、カウヒッチの結び目を引き締めます。


 

引き締めました。

引き締めると、このような形になります。


編み方

ここからは、ラブラブ編みで編み込んでいきます。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

右の紐を上の2本(紫の紐)と下の2本(ピンクの紐)の間から、左に出します。


 

左に出しました。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

次は、左の紐を上下の2本の紐の間から、右へ出して交差させます。

右へ出した方の紐が、交差したときに上になります。


 

交差させました。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

今度は、上の2本(紫の紐)の間から、下の2本(ピンクの紐)を上に出します。


 

間からピンクの紐を上に出しました。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

ここで一度編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

次に、また左右の紐を上下の紐の間で交差させます。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

右の紐を上下の紐の間から、左へ出します。


左へ出しました。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

左の紐を間から、右へ出して交差させます。


 

交差させたら、

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

真ん中の上の2本(ピンクの紐)の間から、下の2本(紫の紐)を上に出します。


 

ピンクの紐を上に出したら、また、上下の紐の間から、左右の紐を交差させます。

左右の紐を交差させました。

交差させたら、また上の2本(紫の紐)の間から、下の(ピンクの紐)を上に出します。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

あとは、この繰り返しで編み込んでいきます。


 

編み目を引き締めながら、編み込んでいきます。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

しばらく編むと、このようにハート型が出来てくると思います。


 

必要な長さまで編み込みました。

パラコード ハート型 ラブラブ編み ブレスレット 編み方

編み終わりは、左右の紐を交差させて終わります。

上の紐(紫の紐)をバックルに、前から通します。


 

上の紐(紫色の紐)をバックルに、前から通しました。

最後に、バックルに通した紐で、平編み(コブラ編み)を2回おこないます。

平編み コブラ編み

右の紐で、右に輪を作ります。(編み目の上で)


 

右の紐で、右に輪を作りました。

平編み コブラ編み

左の紐を下に下ろします。(今、左に出した紐の上から)


 

左の紐を下に下ろしました。

平編み コブラ編み

下ろした紐を下から、右下の輪に通します。


 

下から右下の輪に通しました。

あとは、引き締めていきます。


 

引き締めました。

今度は、左の紐で左に輪を作ります。


 

左に輪を作りました。

右の紐を下ろして、


下から、左の輪に通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

最後に、余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

まず左右の紐をカット、裏返して4本の紐もカットして処理します。

パラコード 焼き止め

焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら完成です。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでバックル ブレスレットの編み方!ラブラブ編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/OJ9AvApg5DE


まとめ

今回の記事では、パラコードでラブラブ編みのバックルを使った、ブレスレットの編み方についてご紹介しました。

ラブラブ編みは、編み方が簡単で とても覚えやすく、初めての方でも気軽に作れると思います。

こちらは、編み目を引き締めて、整えながら編みますが、引き締めた後に編み目が崩れやすいという場合、洗濯ばさみなどで編み目を留めながら引き締めて編むようにすると良いと思います。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。