【バンド部分が 切れてしまった時の対処法】パラコードで腕時計のバンドの編み方!平編み(コブラ編み) Paracord Watch Band With Buckle

パラコードで腕時計のバンドの編み方

【意外と簡単! / 自分好みにカスタマイズ可能!】こちらの記事では、パラコードでバックルを使った腕時計のバンドの編み方をご紹介します。今回は、平編み(コブラ編み)という編み方で、作り方をご説明していきます。

平編みは、別名コブラ編みとも呼ばれていて、文字通りヘビのコブラのような平たい形をしていることから、この名前が付いたようです。こちらは、とてもベーシックな編み方で初めての方でも覚えやすく、私も大好きな編み方の一つです。

Paracord watch band with buckle cobra weave tutorial.


使用した金具

今回、金具はこちらのバックルを用意しました。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


時計

今回、編み方をご説明するために、100均ダイソーの腕時計を使います。

バンド部分を取り外し、

この状態にして編み込んでいきます。


カット

パラコードのカット

パラコードは、2色とも約1m20cmの長さでカットしました。

片方のバンド部分の長さ(編み込み部分の長さ)は、6cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


準備

カットした紐の末端を合わせて、半分に折り返します。

カットしたパラコードの末端は、ライターなどで焼いた直後、指でつまんでこのように平たく加工しておくと、この後の取り付けが楽になります。


取り付け

では、バックルに取り付けていきます。

折り返された部分をバックルにカウヒッチで取り付けます。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。


 

カウヒッチで取り付けました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

右の紐をバックルの右の間に、前から通します。


 

右の紐をバックルの右の間に、前から通しました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

すると このように輪が出来るので、右の紐を右から、左方向に輪に通します。

通したら、引き締めます。


 

右の紐を右から左方向に輪に通して、引き締めました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

今度は、右の紐をバックルの右の間に、裏から通します。


 

右の紐をバックルの右の間に、裏から通しました。

通して出来た輪に、上から通します。

通したら、引き締めます。


 

輪に上から通して、引き締めました。

これで、バックルへの取り付けが完了です。


時計への取り付け

ここからは、時計に取り付けていきます。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

先程バックルに取り付けた紐の、末端を時計の左右の間に、前から通します。(右の紐は右の間に、左の紐は左の間に)


 

末端の紐を時計の左右の間に、前から通しました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

右の紐を軸の間に裏から通して、右に出します。


 

右の紐を軸の間に裏から通して、右に出しました。

今度は、右の間に裏から通します。


 

右の間に裏から通しました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

出来た輪に、上から通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

左の紐も同じ要領で、結び付けていきます。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

左の紐を軸の間に裏から通して、左に出します。


 

左の紐を軸の間に裏から通して、左に出しました。

今度は、左の間に裏から通します。


 

左の間に裏から通しました。

出来た輪に、上から通します。

通したら、引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

これで、バックルと時計への取り付けが完了です。

この軸の長さが、編み込み部分の長さ(バンド部分の完成の長さ)になります。

腕に身に着けた時のサイズを決めるには、もう片方の部分も(バックル&時計に)これまでと同じように紐を取り付けて、両側に軸ができたら実際に腕に身に着けてみて、大体のサイズ感を確認して決めると良いです。

両側に軸を作り、実際に身に着けてサイズ感を大体確認してから、編み込んでいきましょう。


編み方

ここからは、平編み(コブラ編み)で編み込んでいきます。

編み方①

右の紐で、右に輪を作ります。


 

右の紐で、右に輪を作りました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

そのまま、右の輪に軸の下から通します。

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

編み方②

今度は、左の紐で左に輪を作ります。


 

左の紐で、左に輪を作りました。

次に、右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしたら、

パラコードで腕時計のバンドの編み方

左の輪に、軸の下から通します。

通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

今度は、編み方①に戻り、次は編み方②、と交互に繰り返して編み込んでいきます。(編み方①は、右に輪を作り、左の紐を下ろして、下から右の輪に通す)


平編み(コブラ編み)のコツ

編んでいて左右どちらで編んだか分からなくなったときは、最後の編み目を見て判断します。

パラコード 平編み コブラ編み 編み方

上の画像を見ると、右に縦の編み目が最後に出来ています。

右に最後の編み目が出来ていたら、

パラコード 平編み コブラ編み 編み方

右の紐で輪を作ればOKです。

 


逆に左に最後の編み目が出来ていたら、

パラコード 平編み コブラ編み 編み方

パラコード 平編み コブラ編み 編み方

左の紐で輪を作ればOKです。

これで、次に左右どちらで輪を作れば良いのかが、すぐに分かるようになります。


 

編み込みました。

パラコードで腕時計のバンドの編み方

編み込んだら、左右の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

パラコードの焼き止め

カットして、焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


 

もう片方も、これまでと同様に取り付け&編み込みました。


完成

これで完成です。

パラコードで腕時計のバンドの編み方


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードで腕時計のバンドの編み方!平編み(コブラ編み)のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/jbeemXDD8IU

 


まとめ

今回は、パラコードで平編み(コブラ編み)で腕時計のバンドの作り方をご紹介しました。

腕時計のバンド部分が劣化して、切れてしまった場合などにも役立ちます。

また、お好みの色でバンド部分を作ることも可能なので、腕時計のカスタマイズも楽しめます。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでブレスレットの編み方!ジッパー編み / クイックリリース

パラコードでマッドマックスのブレスレットの編み方!平編み(コブラ編み)


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。