【大きな ワンちゃんに最適】パラコードで大型犬 の首輪の編み方【Sanctified編み】

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

丈夫な作りで、大きなワンちゃん用に最適な首輪です。こちらの記事では、パラコードで首輪の作り方をご紹介します。今回は、Sanctified編みという編み方で作り方をご説明していきます。

幅が広く編み目が太めなので、中型犬から大型犬向きな首輪です。今回は、小型犬サイズで作りますが、パラコードの長さを換算して作ると大きなサイズでも作れます。

編み方は同じ動作の繰り返しなので、意外と簡単で初めての方にも おすすめです。

Paracord sanctified big dog collar tutorial.


金具

パラコード 首輪 金具

今回用意した金具は、バックル(左)とDカン(右)です。

使用したバックルのサイズは、縦約5cmで、横約2.5cmの、パラコードを取り付ける間の部分は、約1.7cmです。

Dカンのサイズは、縦約2.5cmで、横約3.5cmです。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードは、軸用の紐(編み目の外側に 来る色の紐)を約2m80cmの長さでカットしました。


編み込み用の紐(編み目の 真ん中に来る色の紐)を約2m60cmの長さでカットしました。

今回は、首輪の編み込み部分の長さを、20cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


カットした、軸用の紐の末端を合わせて 半分に折り返します。


取り付け

パラコードを半分に折り返したら、バックルに取り付けていきます。

2ストランド・コア・ダブル・カウズ・ヒッチ( 2 strand core double cows hitch)という結び方で取り付けていきます。


最初のバックルに Dカンを巻き込みながら、取り付けます。(Dカンを合わせた状態で、結び付けます)


このように取り付けます。


 

バックルからバックルまでの軸の長さは、20cmに設定しています。この軸の長さが編み込み部分の長さ(完成の長さ)になります。

それぞれのワンちゃんの首周りに応じたサイズで軸の長さを決めてみてください。

この取り付け方法については、こちらをご参照ください。


2つ目のバックルに結び付けたら、結び目の横から 編み込み用の紐を通します。


 

通したら、結び目を引き締めます。

引き締めました。

これで、今回の編み方用の バックルへの取り付けが完了です。


編み方

ここからは、Sanctified編みで編み込んでいきます。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

編み方①

左の紐(ピンク色の紐)を軸の間に下から通して、右に出して 左に輪を作ります。


 

左の紐(ピンク色の紐)を軸の間に下から通して、右に出して 左に輪を作りました。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

次に、右の紐(ピンク色の紐)を今右に通してきた紐の下に通して、軸の間に下から通し左に出します。

通したら、右に輪を作ります。


 

右にも輪ができました。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

今度は、左の紐(青い色の編み込み用の紐)を裏から軸の間に通します。


 

編み込み用の紐を軸の間に、裏(下から)通しました。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

そのまま左の輪に、前から通します。


パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

右の紐(青い色の編み込み用の紐)を裏から軸の間に通します。


 

編み込み用の紐を軸の間に、裏(下から)通しました。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

そのまま右の輪に、前から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

あとは、編み方①だけを繰り返して編み込んでいきます。(編み方①に戻ります)


 

しばらく編むと、

このような編み目が出来上がります。引き続き 編み進めましょう。


 

下まで編み込みました。

パラコードで大型犬の首輪の作り方、Sanctified編み

あとは、左右の余分な部分(4本の紐)をカットして、ライターなどで末端を焼いてほつれ止めをします。

カットして、焼き止めしました。

焼き止めのコツはこちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードでトリロバイト編みの首輪の編み方のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/9W4LoVyV-eA

 


まとめ

今回の記事では、パラコードでSanctified編みの首輪の編み方についてご紹介しました。

こちらの編み方は、編み目の幅が広めで、中・大型犬に向いている首輪です。

例えば、倍の長さで首輪を作りたい場合は、倍の長さでパラコードをカットすると倍のサイズの首輪が作れます。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。


関連した編み方

パラコードでお花の首輪の編み方!

パラコードで大型犬の首輪の編み方!トリロバイト編み


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。