【実用的】パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方(ダイヤモンドノット)

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

便利なナイフのカスタマイズ方法!こちらの記事では、パラコードでナイフのランヤード(ストラップ)の編み方をご紹介します。今回は、スネークノット(つゆ結び)という編み方でご説明していきます。

最後の飾り結びは、2本の紐で結ぶダイヤモンドノット(玉結び)という結び方を行っています。

ナイフのランヤードとは、ナイフのグリップ(持ち手)とランヤード部分を握ることでナイフの持ち手の延長として便利に使え、折り畳みナイフならポケットからランヤードを出しておき、ランヤード部分を引っ張るだけでナイフの取り出しが素早く行えます。

ナイフのカスタマイズとしても楽しめるので、おすすめです。

Paracord knife lanyard DIY snake knot diamond knot tutorial.


 

今回は、こちらの折り畳みナイフに取り付けていきたいと思います。

(COLD STEEL コールドスチール AK47 フォールディングナイフ)

画面、左端にある穴がランヤードホールになります。このランヤードホールを利用して編んでいきます。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


 

パラコードのカット

今回は、パラコードを約1m70cmの長さでカットしました。

ランヤードの編み込み部分(スネークノットの部分)の長さは、約9cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


 

はじめに、カットしたパラコードをランヤードホールに通します。

通したら、両端の紐の長さが同じになるように、半分に折り合わせます。


編み方

ここからは、スネークノットで編んでいきます。

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

編み方①

左の紐を右の紐の前から、右に移動させます。


 

左の紐を右に移動させました。

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

そのまま、右に移動させた紐を裏から、左に出します。


 

右の紐を裏から、左に出しました。

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

左に出すときに、このように右に輪を作っておきます。

次に、下の紐を左に出した紐の裏に通します。


 

下の紐を左に出した紐の、裏に通しました。

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

最後に、そのまま右の輪に前(上)から通します。


 

通しました。

通したら編み目を引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

ランヤードホールから、編み目までの間の長さは、約2cmの間隔に設定しました。

あとは、ここまでの編み方(編み方①だけ)を繰り返して、編み込んでいきます。


 

編み進めると、

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

このような編み目が出来ていきます。

引き締めるときは、隙間ができないように しっかりと編み目を詰めるようにして、編むのがポイントです。(出来るだけ、ガッチリと引き締めて編みましょう)

緩く編んでしまうと、引っ張られたときに 編み目が伸びやすくなってしまうので注意が必要です。

引き続き、編み込みます。


 

編み込みました。

約9cmスネークノットで編み込みました。

ここでカットして、焼き止めしても良いのですが、

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

今回は、最後にダイヤモンドノットの結び目を作り、飾り結び(止め結び)にしてみました。

パラコードでスネークノットのナイフ・ランヤードの編み方、ダイヤモンドノット

このダイヤモンドノットの結び目の作り方の詳細は、こちらです。

あとは、余分な部分をカットして、焼き止めします。

カットして、焼き止めしました。

末端は、約2cmの長さを残すように 処理してみました。


完成

カットして 焼き止めしたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードでナイフのランヤードの編み方!叶結び(クロスノット)のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/B6GcQSY2hEA

 


まとめ

今回は、パラコードでナイフのランヤードの編み方をご紹介しました。

折り畳み式のナイフなら、ランヤード部分をポケットから出しておき、ランヤードを引っ張ると、素早く簡単にナイフをポケットから取り出すことができます。

キャンプなどでは、折り畳みナイフに取り付けておくと、とても便利です。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

サイズが自在に調節可能なランヤードの編み方!アジャスタブル

パラコードでナイフのランヤードの編み方!叶結び


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。