【男性に おすすめ】パラコードでバックル ブレスレットの編み方!ダブルブレイズ編み

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

幅が広めで、男性向けなブレスレットの作り方です。

こちらの記事では、パラコードでバックルを使ったブレスレットの編み方をご紹介します。今回は、ダブルブレイズ編みという編み方で、作り方を解説していきます。

幅が広めな編み方で、ボリューム感が楽しめるブレスレットが作れます。

Paracord blaze bar buckle bracelet tutorial.

記事内で 使用した材料や道具などの詳細は、こちらをご参照下さい。


 

今回、金具はこちらのバックルを用意しました。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


パラコードのカット

パラコードは、約3m50cmの長さでカットしました。

ブレスレットの編み込み部分の長さは、16.5cmに設定しています。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをカットしたら、バックルに取り付けていきます。

2ストランド・コア・ダブル・カウズ・ヒッチ( 2 strand core double cows hitch)という結び方で取り付けます。

取り付け方の詳細は、こちらをご参照ください。


編み方

ここからは、ダブルブレイズ編みで編み込んでいきます。

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

編み方①

右の紐を軸の間に前から通し、左に出して右に輪を作ります。


パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

次に 左の紐を左に出した紐の裏から下に通して、


パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

そのまま 軸の間に前から通して、右の輪に下から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


引き締めました。(ここまでが、編み方①です)


編み方②

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

今度は 左の紐を軸の間に裏から通し、右に出して左に輪を作ります。


パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

右の紐を 右に出した紐の前から下に下ろして、


パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

そのまま 軸の間に裏から通し 、左の輪に前から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方②です)

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

次は 編み方①に戻り、その次は編み方②です。(編み方①と②を交互に繰り返して編み込んでいきます)


 

しばらく編むと、

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

このような編み目が出来上がります。下まで 編み込んでいきましょう。


編むときのポイント

出来るだけ、しっかりと編み目を詰めるようにして 引き締めながら、編むのがポイントです。

(引き締めるときに 編み目全体を上に移動させるようにして、詰めてしっかりと編み込みましょう)


 

下まで編み込みました。

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

あとは 左右の紐の余分な部分をカットして、ライターなどで末端を焼いて ほつれ止めをします。

パラコードでバックルブレスレットの編み方、ダブルブレイズ

カットして、焼き止めしました。(上の画像は、裏面です)

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

処理ができたら、これで完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードでバックル ブレスレットの編み方!2色のジッパー編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/WTNXHyx67Q8

 


まとめ

今回は、パラコードでバックルのブレスレットをダブル・ブレイズ編みで編む方法についてご紹介しました。

平編み(コブラ編み)が横に2つ繋がったような、面白い編み目ですよね。

ボリューム感が楽しめる編み目で、どちらかと言うと男性向けなブレスレットですね。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

パラコードでバックル ブレスレットの編み方!Tyrannosaurus Rex

パラコードでブレスレットの編み方!ジッパー編み / クイックリリース


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。

[subscribe2]

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。