パラコードでウォレットチェーンの編み方! 平編み(コブラ編み) Paracord Wallet Chain Cobra Weave

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

【財布に取り付けて 便利で おしゃれに使える! / 初めてでも簡単に作れる方法!】こちらの記事では、パラコードでウォレットチェーン(ウォレットコード)の編み方をご紹介します。今回は、平編み(コブラ編み)という編み方で、作り方をご説明していきます。

ウォレットチェーンの使い方は、カラビナ側をベルトループに引っ掛けて、ナスカン側を財布に取り付けます。すると財布の落下防止として、またお洒落アイテムとしても実用的に使えます。こちらは、平編み(コブラ編み)で編み込んでいるので非常に丈夫ですが、編み方はとても簡単なので、初心者の方でも手軽に作れます。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

Paracord wallet chain cobra weave tutorial.


使用した金具

今回使用した金具は、ナスカン(左)とカラビナ(右)です。

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


カット

パラコード カット

ウォレットチェーンの編み込み部分の長さ(完成の長さ)を50cmに設定して、

パラコードは、編み込み用の紐(左のグリーンの紐)を約6mの長さで、

軸用の紐(右の黒い紐)を約1m50cmの長さでカットしました。

パラコードをカットするときの詳しい方法はこちらをご参照ください。


取り付け

パラコード 取り付け

軸用の紐を末端を合わせて半分に折り返して、

折り返した部分をナスカンに、カウヒッチで取り付けていきます。

カウヒッチの詳しい方法については、こちらをご参照ください。


 

ゆるめに、カウヒッチで取り付けました。

左右の輪になっている部分に、横から編み込み用の紐を通していきます。

編み込み用の紐は、ちょうど半分にした所が、カウヒッチした部分に来るように通します。


 

紐の中心で通したら、引き締めます。

編み方

ここからは、平編み(コブラ編み)で編み込んでいきます。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

編み方①

右の紐で右に輪を作ります。(軸の上で)


 

右に輪を作りました。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

次に、左の紐を下に下ろします。


 

下に下ろしました。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

下ろした紐を右の輪に下から通します。(軸の下から)

最後まで紐を通して、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。

編み方②

今度は、左の紐で輪を作ります。(軸の上で)


 

左に輪を作りました。

右の紐を下に下ろします。


 

下に下ろしました。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

下ろした紐を左の輪に下から通します。(軸の下から)

最後まで紐を通して、編み目を引き締めます。


 

引き締めたら、次は編み方①に戻ります。

その次は編み方②です。右、左、右と交互に輪を作り、編み込んでいきます。


 

平編み(コブラ編み)のコツ

編んでいて左右どちらで編んだか分からなくなったときは、最後の編み目を見て判断します。

上の画像を見ると、右に縦の編み目が最後に出来ています。

右に最後の編み目が出来ていたら、

右の紐で輪を作ればOKです。

 


逆に左に最後の編み目が出来ていたら、

左の紐で輪を作ればOKです。

これで、次に左右どちらで輪を作れば良いのかが、すぐに分かるようになります。


 

約50cm編み込みました。

ここから、もう一方の金具のカラビナに取り付けていきます。


 

編み終わりの部分で、

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

このように2回、平編み(コブラ編み)をゆるく編みます。


 

軸用の紐(黒い紐)の末端をカラビナに、裏から通します。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

裏から通したら、ゆるく2回編んだ平編み(コブラ編み)の編み目に、軸用の紐(黒い紐)を通していきます。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み


 

軸用の紐(黒い紐)を編み目に通しました。

次に、今まで編み込んできた紐(グリーンの紐)の末端も、同じように編み目に通していきます。


 

軸用の紐(黒い紐)と同様に、編み込んできた紐(グリーンの紐)も通しました。

パラコード ウォレットチェーン 編み方 平編み コブラ編み

あとは、2回編んだ平編み(コブラ編み)の編み目を引き締めていきます。


 

引き締めました。

最後に、軸用の紐(黒い紐)だけで、結び目(こぶ結び)を作ります。


 

結び目を作りました。

あとは、余分な部分をカットします。

末端を約13.5cm残して、飾り紐として処理してみました。


 

完成

これで、完成になります。

 


 

こちらは以前私がご紹介した、パラコードでウォレットチェーンの編み方! 平編み(コブラ編み)のYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/LWZjmR1ME0I

 


まとめ

今回は、パラコードでウォレットチェーンを平編み(コブラ編み)で編む方法についてご紹介しました。

編み方はとても単純ですが、かなり丈夫な編み方の部類に入るので、そうそう千切れることはありません。

50cm編むのは少し根気がいるかもしれませんが、休憩などをはさんだり、日にちを分けて編むなどすると良いかと思います。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。