2色のキングコブラ編み の編み方・結び方【応用してパラコードブレスレットや キーホルダーが作れる】

キングコブラ編みの編み方

誰でも簡単に、2色のキング・コブラ編みを覚える方法をご紹介します。応用すると、ブレスレットやキーホルダー、首輪なども作れます。

幅が広めな編み目が特徴で、ボリューム感が楽しめる編み方です。

こちらの記事では、パラコードで2色編みのキング・コブラ編みの編み方・結び方をご紹介します。

How to tie a 2 color king cobra tutorial.

パラコード編みに必要な道具について、詳しくはこちらをご参照下さい。


編み方の使用例

ブレスレット(バックル)

このブレスレットの編み方の記事は、こちらです。


首輪

この首輪の編み方の記事は、こちらです。


キーホルダー

このキーホルダー編み方の記事は、こちらです。


キング・コブラ編みの特徴

今回ご紹介する キングコブラ編みは、

このように2本の軸を作り、その軸を元にして編み込んでいくタイプの編み方になります。(軸さえあれば編み込むことができます)


ジョイント

用意したパラコードをジョイントします。

2色の紐の末端をライターなどで焼いてから、くっ付けて、指で固めます。


ジョイントしました。

詳しいジョイントの方法は、こちらをご参照ください。


取り付け

パラコードをジョイントしたら、金具に取り付けていきます。(今回は、ブレスレット用のバックルを使って 解説します)

取り付け方の詳細は、こちらをご参照ください。


編み方

はじめに キングコブラ編みを編む前に準備として、平編み(コブラ編み)で編んでいきます。

キングコブラ編みの編み方

編み方①

右の紐で右に輪を作ります。


 

右の紐で、右に輪を作りました。

キングコブラ編みの編み方

次に、左の紐を下に下ろします。


 

左の紐を下に下ろしました。

キングコブラ編みの編み方

そのまま 右の輪に下から通します。


最後まで紐を通したら、引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

キングコブラ編みの編み方

編み方②

今度は、左の紐で左に輪を作ります。


 

左の紐で、左に輪を作りました。

キングコブラ編みの編み方

次に、右の紐を下に下ろします。


 

右の紐を下に下ろしました。

キングコブラ編みの編み方

そのまま 下から左の輪に通します。


通したら、編み目を引き締めます。


 

引き締めました。(ここまでが、編み方②です)

次は、編み方①に戻り、その次は編み方②です。(編み方①と②を交互に繰り返して編み込んでいきます)


平編み(コブラ編み)のコツ

編んでいて左右どちらで編んだか分からなくなったときは、最後の編み目を見て判断します。

2色の平編み(コブラ編み)の編み方

上の画像を見ると、右に縦の編み目が最後に出来ています。

右に最後の編み目が出来ていたら、

右の紐で輪を作ればOKです。


逆に左に最後の編み目が出来ていたら、

2色の平編み(コブラ編み)の編み方

左の紐で輪を作ればOKです。

これで、次に左右どちらで輪を作れば良いのかが、すぐに分かるようになります。


 

下まで編み込みました。

最初に編み込んで来た方が下に来るように、全体を反転させます。(左右に紐がある方を上にします)


反転させました。


キングコブラ編み

ここからは、キングコブラ編みで編み込んでいきます。(平編みの編み目の上から、再度 平編みで編み込んでいきます)

キングコブラ編みの編み方

反転させたときに、一番上の縦の編み目が右に来ていたら 右に輪を作ります。

(縦の編み目が左に来ていたら、左に輪を作りましょう)


キングコブラ編みの編み方

キングコブラ・編み方①

右の紐で右に輪を作ります。


キングコブラ編みの編み方

次に、左の紐を下に下ろします。


キングコブラ編みの編み方

下ろした紐をそのまま 右の輪に下から通します。


通したら、編み目を引き締めます。


 

編み目を引き締めました。(ここまでが、編み方①です)

キングコブラ編みの編み方

最後に縦の編み目が左に来ていたら 左に輪を作ります。

(縦の編み目が右に来ていたら、右に輪を作りましょう)


キングコブラ編みの編み方

キングコブラ・編み方②

今度は、左の紐で左に輪を作ります。


キングコブラ編みの編み方

右の紐を下に下ろします。


キングコブラ編みの編み方

下ろした紐をそのまま 左の輪に下から通します。


最後まで通して、編み目を引き締めます。


 

編み目を引き締めました。(ここまでが、編み方②です)

キングコブラ編みの編み方

次は編み方①に戻り、その次は編み方②です。(編み方①と②を交互に繰り返して、編み込んでいきます)

キングコブラ編みも、通常の平編みと同様に 最後に縦の編み目がある方に、輪を作って編み込んでいくのがポイントです。


 

下まで編むと、

このような、編み目が出来上がります。

これが、キングコブラ編みになります。


最後の処理

編み終わったら あとは、余分な部分をカットして ライターなどで焼き止めします。


カットして焼き止めしました。

焼き止めの詳しいやり方は、こちらをご参照ください。


完成

これで、完成です。

 


 

こちらは以前ご紹介した、パラコードでストラップの編み方!キングコブラ編みのYouTube(動画)バージョンになります。一応リンクも貼っておきます。https://youtu.be/0Afz7q32BV4

 


まとめ

今回は、2色のキングコブラ編みの編み方をご紹介しました。

ブレスレットやキーホルダーなど様々なパラコードクラフトに応用することができます。

幅広でボリューム感を生かした、ブレスレット作りなどにも おすすめです。

では、最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 


関連した編み方

スネークノットの編み方!

平編み(コブラ編み)の編み方!


 

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールがすぐに届きますので ご確認をお願いします。